2015年のニューモデル評価 トヨタ盤石の1位、スズキ健闘の3位

15年の新車の特徴をキーワードでまとめるとすると「スポーツカー」「限定車」「ハイブリッド」ということになりそうだ。2015年は例年になく豊作の年で、アルトターボRS、S660、ロードスターなどが次々に登場。また次のキーワードである「限定車」でも華のあるスポーツモデルが相次いだ。登場順にBRZ ts(300台)、ランエボXファイナルエディション(1000台)、WRX STIベースのS207(400台)、そしてシビックタイプR(750台)。ほかにもマツダがロードスターとデミオに設定したモータースポーツベース軍も限定ではないが、スペシャルな走りのモデルとして専門家筋に好評となっている。

一方で、ハイブリッドの普及がさらに進んだのは例年通りの展開。ホンダのジェイド、グレースはハイブリッド専用車として登場(のちにガソリン車も追加)。トヨタシエンタも主力はハイブリッドとなり、日産はエクストレイルにハイブリッドを加えたことで販売台数を急激に伸ばした。まだまだハイブリッドは商売の種になるということ。

販売状況で言うと、新車効果が絶大だったのはトヨタのシエンタとアルファード/ヴェルファイアの大小ミニバン、そしてエクストレイルハイブリッド。また、キャストもハスラーをわずかだが上回る台数を稼いでおり、対抗車としての役目をしっかりと果たしている。

2015年の新型車、フルモデルチェンジ、追加モデル

日付 メーカー 車名 コメント
2015/01/26 トヨタ アルファード/ヴェルファイア 憧れの大型、高級ミニバン
2015/02/12 ホンダ ジェイド 6人乗りスポーツミニバン
2015/02/18 スズキ エブリイワゴン 質実剛健の広大な軽ワゴン
2015/02/19 スズキ SX4 Sクロス ハンガリー生産のクロスオーバー
2015/02/20 ホンダ レジェンド 後輪を左右2つのモーターで駆動する画期的4WD
2015/02/27 マツダ CX-3 ディーゼル専用の小型クロスオーバー
2015/03/11 スズキ アルトターボRS アルト久々のスポーツモデル
2015/03/30 ホンダ S660 軽のレベルを超えたミッドシップオープン
2015/04/07 日産 エクストレイルハイブリッド 燃費20km/Lの2Lハイブリッドを追加
2015/04/16 スバル クロスオーバー7 エクシーガの後継モデルとして登場
2015/04/23 ホンダ ステップワゴン&ステップワゴンスパーダ ホンダ初の1.5L直噴ターボ搭載
2015/05/15 ホンダ シャトル 2列シートのフィットベースワゴン
2015/05/20 マツダ ロードスター 原点回帰の4台めが登場
2015/05/21 ホンダ ジェイドRS 1.5L直噴ターボを追加設定
2015/06/03 スズキ アルトラパン 見た目以上に先進的なファニー軽
2015/06/17 トヨタ ランドクルーザープラドTZ-G 45.9kgmの2.8Lクリーンディーゼル設定
2015/06/18 ダイハツ コペンセロ 第三のボディは先代イメージの丸目で登場
2015/06/19 スバル インプレッサスポーツハイブリッド 燃費20.4km/Lのハイブリッドを追加設定
2015/06/19 ホンダ グレイス 1.5L直噴ガソリンエンジンを追加設定
2015/06/30 スバル BRZ tS BRZの走りの質感を上げた300台の限定車
2015/07/09 トヨタ シエンタ コンパクトボディの3列シートワゴン
2015/07/23 レクサス IS200t 直4、2L直噴ターボエンジンを追加設定
2015/08/20 三菱 ランエボXファイナルエディション 1000台限定の最後のランエボ
2015/08/20 レクサス LX V8、5.7Lエンジン搭載の高級SUV
2015/08/26 スズキ ソリオ&ソリオバンディット 1.2Lエンジンん搭載の2列シートワゴン
2015/09/09 ダイハツ キャストアクティバ/キャストスタイル 3つのバリエーションの「遊べる軽」
2015/09/17 レクサス RC200t 245psの直噴2Lターボを追加設定
2015/09/24 マツダ ロードスターNR-A 足回りを強化したレースベースモデル
2015/10/01 マツダ デミオ15MB 6速MT専用のレースベースモデル
2015/10/01 トヨタ クラウンアスリートG-T 2L直噴ターボエンジンを追加設定
2015/10/15 スズキ エスクード ハンガリー生産の1.6LコンパクトSUV
2015/10/20 レクサス RX レクサスの販売No.1モデルが一新
2015/10/28 スバル S207 現行型初のSシリーズは400台が即完売
2015/10/28 ホンダ シビックタイプR 限定750台で登場した究極のFFスポーツ
2015/10/29 ダイハツ キャストスポーツ アルトターボRSの対抗馬として登場
2015/11/25 レクサス GS F V8、5L477psのスーパーセダン


今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加