トヨタ 2016年の登録車は独走の可能性あり

16年の新車試乗のうち軽自動車を除く登録者ではトヨタが独走しそうな趨勢になっています。15年にフルモデルチェンジやビッグマイナーチェンジしたアルファード、ヴェルファイア、カローラ、シエンタ、クラウンに加え、16年に入ると12月9日一新のプリウスのフル販売、3~4月にはパッソ、エスティマ、中盤にプレミオ/アリオンのフルモデルチェンジ&ビッグマイナーチェンジ。

そして後半に新規の新トールコンパクトハッチ、コンパクトSUVとさらにニューモデルラッシュが続くためです。月によっては登録乗用車ベストテンを全車トヨタ車で占めるケースが発生するかもしれません。

トヨタブランドは15年11月現在では47.7%までシェアが拡大。レクサスを含めると48%台になります。16年に入ってからはこれらニューモデルによる新車効果でシェアアップはさらに加速するのは必至といえます。

これに対してライバル他社は日産、スズキが積極攻勢をかけるものの両社以外は新型車が少なく、大半はシェアダウンを免れそうもありません。こうしたことからトヨタ陣営の16年における登録車シェアは限りなく50%に近づくことが予想されます。

トヨタ車、2016年はモデルチェンジラッシュになるんですね。買い替えに悩むところでしょう。旧型の大幅値引きを狙うのもありますし。それで、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格なんですが、ディーラー下取りよりお得なのが一括査定。特にデータを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドです。30万円高く売れたら浮いたお金でオプション追加できますよ!

概略価格がスグわかる→>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加