GT-Rファン、垂涎の切手セットが登場

プリンス自動車を吸収合併した日産自動車が、1969年にレーシングカー「R380」の心臓部だったGR8型(2.0L直6)のユニットをベースとした、S20型を搭載した初代スカイラインGT-R「PGC10」を誕生させてから、2015年で45周年を迎えた。

愛車をあっというほど安く買い替えるために
カービューというサイトをしってますか?

このサイトで今のお車をぜひ査定してみて!
驚きの買い取り価格が、なんと相場の30万アップもありとか?
カーナビがワンランクアップ出来ますよ!

>>あなたの愛車は今いくら?<<

それを記念して日本郵便株式会社南関東支社が、「名車コレクションフレーム切手セット日産スカイライン2000GT-R編」を、9月18日から限定3000セット(予定)で発売することになったというのだ!

今回のセットは、52円切手☓10枚と、ミニカー(本体、ケース、ミニカー用パッケージ、台座)という内容になっているのだが、日産自動車が協力、、共同制作した商品でファンにはたまらない完成度の高いものになっている。切手は10枚全ての絵柄が異なっていて、貴重な当時のカタログ写真が使われているのだ。その一部を紹介しておくと、ハコスカGT-Rの心臓部だったS20型エンジン。R380シーズの最終仕様となった「R380A-Ⅲ改」と併走する「羊の皮をかぶった狼」と言われた4ドアの2000GT-R「PGC10」。そして高橋国光、長谷川昌弘、黒澤元治など現在ではレジェンドエと呼ばれているそうそうたるドライバーたちが、日本グランプリなどでトップ争いを繰り広げ、公認レース50勝の栄光を達成した伝説の「KPGC10」(レーシング仕様)などとなっている。

こだわりは切手だけではない。同梱されているミニカーは、京商株式会社が製作した初代スカイラインGT-Rの2ドアクーペモデル「KPGC10」(ダイキャスト製、1/64ケースモデル)で、南関東支社に確認をしたところ、このセットのためだけの限定ミニカーということで、コレクターにはたまらない一品となっている。

このスカイラインGT-Rファンを唸らせる限定フレーム切手セットは、価格3800円(税込)で、日産の工場がある神奈川県の4市(横浜市、横須賀市、厚木市、座間市)に窓口がある郵便局(計374局)での販売となる。ほかの地域は日本郵便株式会社ウェブサイト「郵便局のネットショップ」でも取り扱うそうなので遠方であっても購入は可能。ただし、別途送料が必要になるそうなので納得の上購入ボタンをしてほしい。

9月18日限定3000セット発売→GTR切手

売り切れているときは→ヤフオク

【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。