ランドクルーザー70 期間限定で昨年に復活 結局何台売れたのか

04年に日本で販売終了して以来、復活を望むファンの声もあってランクルシリーズ発売30周年に当たる昨年8月に、今年6月までという期間限定で再発売されたランクル70。話題となり、発売1ヶ月後には月販目標200台の約18倍に当たる約3600台もの受注を記録。これまた驚かされたが結局ランクル70は何台が売れたのか?トヨタ広報によると、最終的には何と約7500台を販売したという。月販目標から考えると最終的に目標の4倍近くも売れたのだから、この復活販売は大成功だ。販売店には在庫がある可能性もあるがほぼ完売で、都内のトヨタ店では「在庫はありません」とのこと。5速MTだけの超マニアック車にもかかわらず、売れるランクルの人気は凄すぎる。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加