バカ売れシエンタ 乗り換えチェック

まずは新型シエンタユーザーがどの車から乗り換えているかをチェック。1位は旧型シエンタ。代替ユーザーが多い一方、ほかの車種を見るとすべてがユーティリティー系。ラクティスは使い勝手がいいけど3列目なし。

ところで、シエンタへの乗り換えで、今乗ってるお車が高く売れるかもという話です。
カービューというサイトを知ってますか?

このサイトで今のお車をぜひ査定してみて!
一括査定だから驚きの買い取り価格が、なんと相場の30万アップもありとか?
シエンタへの乗り換えの時の頭金、ラクになりますよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

シエンタで一気に悩み解消

ポルテ、ラウムも同車格では珍しいスライドドア採用車ながら3列目はなし。一方ウィッシュは3列目も実用的だけどサイズが大きくなる上ヒンジドア。これらユーザーの「帯に短し襷に長し」的悩みは新型シエンタを買うと一気に解消してしまう。それがデータにも表れている。次に人気グレードをみるとハイブリッドの上級グレードが人気だが、この価格だとノア・ヴォクシーなどワンボックス系ミニバンとバッティング。でもワンボックス系+ハイブリッドを選ぶとなるとさらに50万円ほど上乗せとなる。さらにガソリン車ながら3番人気「X」の価格はアクアの中間グレード「G」より約5万円も安い。実にシエンタのポジショニングは秀逸。ちなみに全8種と豊富なカラーリングも売りだけど人気はやっぱり無彩色系でした。

【新型シエンタユーザー乗り換えランキング】

1位:先代シエンタ16%
2位:ラクティス5%
3位:ポルテ4%
4位:ウィッシュ4%
5位:ラウム4%

【人気ボディカラートップ3】
1位:ホワイトパールクリスタルシャイン31%
2位:ブラックマイカ17%
3位:シルバーメタリック16%

【グレード一覧&人気トップ3】
1位:ハイブリッドG(7人乗り)232万9855円
2位:G(7人乗り)198万327円
3位:X(7人乗り)183万1091円

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加