フリードはシエンタを超えられるのか

ホンダのコンパクトミニバン、フリード&フリードHVが8月にフルモデルチェンジする。エクステリアデザインはキープコンセプトでフロントマスクはフィットにそっくりだという。ボディサイズは現行シリーズとほぼ同じだが室内は内張り、シートレイアウトの工夫で居住空間を拡大、使い勝手を大幅に向上させている。

2列シート5人乗りと三列シート6人乗り、7人乗りを設定し、フリードスパイクと統合されるが、スパーダの様なスポーティモデルもラインアップされる。搭載されるパワートレインはヴェゼルと同じ1.5Li-VTEC+i-DCDハイブリッドと1.5L i-VTECの2本立てで、4WDも用意される。搭載が期待されていた新開発の1L3気筒VTECターボは、今回採用されず、18年にフルモデルチェンジされるフィットにまず搭載され、その後フリードのマイナーチェンジに合わせて追加されるだろう。

直接のライバルはシエンタであることは言うまでもない。昨年7月の発売から半年以上たっても月販1万台規模をコンスタントに売り、納期は4ヶ月と絶好調。そのシエンタを切り崩せるか?

シエンタのパワートレインはガソリンが1.5L直4(109ps/13.9kgm)、HVが1.5L直4+2モーター(エンジンが74ps/11.3kgm、モーターが61kgm/17.2kgm)。これに対し新型フリードはガソリンが1.5L直4(131ps/15.8kgm)、HVが1.5L i-VTEC+i-DCDで1モーター2クラッチ(エンジンが132ps/15.9kgm、モーターが29.5ps/16.3kgm)と予想。パワートレインの性格はガソリン、HVともにシエンタを大きく上回ってくるだろう。

JC08モード燃費もシエンタHVの27.2km/L、ガソリンの20.2km/Lを超えてくるのは間違いない。さらにシエンタHVは2WDのみだがフリードは4WDも設定されるのでこれも強みとなる。最後は価格設定だが、これもガチンコ勝負となるのは間違いない。発売が今年8月、新型フリードに期待大だ。

フリードとシエンタの比較

グレード フリードHV(予想) シエンタHV
全長☓全幅☓全高(mm) 4250☓1695☓1730 4235☓1695☓1675
ホイールベース(mm) 2750 2750
エンジン 直4DOHC、1496cc 直4DOHC、1496cc
エンジン最高出力(ps/rpm) 132/6600 74/4800
エンジン最大トルク(kgm/rpm) 15.9/4600 11.3/3600-4400
モーター出力(ps) 29.5 61
モータートルク(kgm) 16.3 17.2
JC08モード燃費(km/L) 27.4 27.2
価格 220万円 222万6763円
(ハイブリッドX)
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加