噂のプリウスSUVは予想以上のかっこよさ

東京モーターショーではコンセプトモデルが出展されていたトヨタC-HR。その市販型がジュネーブでワールドプレミアとなった。コンセプトモデルの段階ではどこがアンバランスに見えたデザインが、この市販型ではうまくまとまっており、予想以上のカッコよさ。ベースはプリウスで、新しい概念で作られたプラットフォームTNGAを使った車の第二弾となる。

ボディサイズは全長4350☓全幅1795☓全高1555mmでホイールベースは2640mm。プリウスよりも全長は120mm、ホイールベースが60mmも短く、コンパクトさが強調されている。国産SUVでいうとヴェゼルより大きくXVより小さいサイズで、SUVの中では全高も低めだ。

プリウスSUV

搭載されるパワーユニットは、プリウスと同じ直4、1.8Lハイブリッドと直4、1.2L直噴ターボ、それに直4、2L NAエンジンと発表。今年秋頃のデビューが予想される日本仕様ハイブリッドと1.2Lターボの2本立てとなりそうだ。

それにしても大胆なデザイン。キーンルックと呼ばれる派手なフロントマスクに大きく張り出した前後のフェンダー、それにクーペのようなルーフライン。クーペルックを意識しているのか、離れてみるとリアドアの存在には気づかない工夫もされている。

SUVというより新種のスポーツカーといった雰囲気。実際、トヨタは今年、この車でニュルブルクリンク24時間レースを戦うことを発表している。

インテリアは未公開。気になる室内の広さやトランクの大きさも今回は確認できなかったが、TNGA効果で効率のいいパッケージングになっていることが期待できる。ただ、外から見る限り後席の視認性がかなり悪そうで、開放感も乏しそう。そのあたりはデザイン優先で割り切っているのだろう。やはりC-HRは新種のスポーツカーというわけだ。

今回の発表ではハイブリッド車はFFのみで、1.2L直噴ターボにFFと4WDを設定するとのこと。プリウスには4WDもあるのにC-HRのハイブリッドはFFだけと言うのも不思議だが、市販時にはどうなるのかは興味深いところ。日本での価格はプリウスとほぼ同程度の250万~300万円(ハイブリッドFF)と予想する。

C-HR発表スペック

グレード ハイブリッド ガソリン
全長☓全幅☓全高(mm) 4350☓1795☓1555 4350☓1795☓1565
ホイールベース(mm) 2640 2640
エンジン 1.8L直4、
1797cc
1.2L直4ターボ、
1197cc
最高出力(ps/rpm) 98/5200 116/
5200~5600
最大トルク(kgm/rpm) 14.5/3600 18.9/
1500~4000
モーター出力(ps) 72
モータートルク(kgm) 16.6
トランスミッション 電気式無段変速機 6速MT/CVT
駆動方式 FF FF/4WD
CO2排出量目標値 90g/km以下
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。