レクサスISのビッグマイナーチェンジデザイン変更点 登場は今年9月

デザイン的にレクサスブランドの中では最もすぐれていると言われるIS。そのISが早くもビックマイナーを受ける。フロントバンパーやヘッドライト周辺を大きく変更し、新しいレクサスブランドをイメージさせるデザインとなる。メカニズム面では大きな変更はなさそう。

早いものでISの登場から5月で丸3年になるが、この秋にもビッグマイナーチェンジを受けることになる。

デザイン的にはバンパー、ヘッドライトなどが変更され、ニューヨークショーで発表されたLCと共通した左右に縦型のエアインテークが入るものになる。グリルの左右に設けられる小さなエアインテークはなくなり、ヘッドライトも変わることでイメージを一新。

エンジンラインアップなどは変わらず、200tと300h、250、350の4種となる。

エクステリアばかりではなく、インテリアなどの一部の素材やデザインも変更され、比較的大きなマイナーチェンジとなる。価格は4万~5万円高くなるかもしれない。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加