次期スイフトスポーツの心臓は話題のターボか、痛快なNAか?

スズキの小型車の主力モデルであるスイフト。その高性能スポーツモデルとなるスイフトスポーツの次期型の姿は?

初代スイフトスポーツが誕生したのは03年。05年登場の2代目と11年登場の現行モデルの3代目がキープコンセプトのモデルチェンジだっただけに、次期型はどうなるのか?

基本フォルムやブラックアウトしたA&Bピラーなど、2代目から続くスイフトのアイデンティティを継承。その上で、次期型では大型化したフロントグリルが六角形のデザインとなり、そのノーズ回りがより立体的になったのが特徴。さらに、ピラーに同化させて後席ドアハンドルやルーフにフローティングデザインを取り入れるなど、随所で新しいさを感じることができる上、何よりも全体的によりアグレッシブなフォルムに変身していると言える。

そのボディサイズは現行型よりやや全幅が広がって3ナンバーサイズになると予想されるが、バレーノと同じBセグメント用の新型プラットフォームを採用するのがポイント。軽量化と高剛性を高い次元でバランスさせたこのプラットフォームによって、バレーノでは910~950kgの車重を実現しており、次期スイフトスポーツでも車重は900kg台まで軽量化が図られることになりそうだ。

スポーツモデルのスイフトスポーツにとって、この軽量ボディは大きな武器になる。そして、次期スイフトスポーツで一番の注目はパワートレーンだろう。

元々スイフトスポーツは、初代が欧州仕様のイグニスでジュニアWRCに参戦していたことで、2代目からジュニアWRCと同じ1.6L直4エンジンを搭載。そのため、次期型も現行型と同じ1.6LのM16A型エンジンを継承する可能性がある。その場合、最高出力を現行の136psから145ps程度まで高めてくるだろう。

しかし、同じM16A型を搭載するエスクードの海外版、ビターラは1.4L4気筒直噴ターボエンジン搭載モデルをイギリスで発売していて、これを次期スイフトスポーツに採用する可能性も濃厚なのだ。1.4Lターボエンジンは、ビターラでは140ps/22.4kgmを発揮するが、次期スイフトスポーツでは専用チューンが施され、150ps/25.0kgmまでパワーアップが図られるはず。

スズキ関係者によると、CO2排出量の少なさが重視される欧州ではダウンサイジングターボが主流になっているため、ベースのスイフトではバレーノと同じ1L3気筒ターボ、スイフトスポーツでは1.4L4気筒ターボでのテストが行われているという。これらの「ブースタージェット」エンジンによる開発は欧州仕様のためかもしれないが、日本でも1.4Lターボになる可能性は高い。

組み合わされるトランスミッションは6速MT、それに6速ATも用意されるはず。さらに次期型は内外装、それに走りも含めて質感の向上が図られ、VWポロGTIなど欧州コンパクトスポーツを競合車として想定しているというから、走りもバリバリ期待できそうだ。注目の価格は220万円程度で、デビューは今年11月頃が予想される。

次期型スイフトスポーツ予想諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 3900☓1725☓1500
ホイールベース(mm) 2430
車重(kg) 990
エンジン 1.4L、直4DOHCターボ
エンジン最高出力(ps) 150
エンジン最大トルク(kgm) 25.0
トランスミッション 6速MT
駆動方式 FF
JC08モード燃費(km/L) 25.0
価格 220万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加