レクサス新型CT 唯一300万円台の身近なレクサスが来年春にフルモデルチェンジ

CT200hが来年春頃にフルモデルチェンジされるという情報。レクサスCTは先代プリウスをベースにしたハイブリッド専用車で、その位置づけは次期モデルも変わらない。しかし、レクサスならではの「特別感」が不可欠だ。

そのための手法として噂に上がっているのがクロスオーバータイプの追加だ。メルセデスベンツAクラスとそのクロスオーバーであるGLAクラスをラインアップしているが、レクサスもそういう戦略を考えているのではというわけだ。

とはいえ、やはりメインは5ドアHB。トヨタの新しい骨格TNGAで作られ、プリウス同様に低くスポーティなデザインが採用される。

パワーユニットは直4、1.8Lハイブリッドで、エンジン本体の効率アップとTNGAによる軽量化効果でJC08モード燃費は35km/Lまで向上。もちろん、プリウスと同じように走りが大幅にレベルアップするのは間違いないところだ。

内装のクオリティはレクサス基準に則った高品質なもの。緊急自動ブレーキなど最新の安全装備を全車に標準装備となる。

価格は現行モデルとほぼ同じくらいになるはず。もしもクロスオーバータイプも存在するとすれば5ドアHBの30万円高程度となるだろう。

全長☓全幅☓全高(mm) 4380☓1780☓1440
ホイールベース(mm) 2720
パワーユニット 直4DOHC 1797cc+モーター
最高出力(ps) 98(モーター/72)
最大トルク(kgm) 14.5(モーター/16.6)
トランスミッション 電気式CVT
JC08モード燃費(km/L) 35.0
価格 380~480万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加