新型フォレスター 次世代ハイブリッド搭載第一弾のSUV

昨年の東京モーターショーでワールドプレミアとなったVIZIVコンセプトが次期フォレスターに進化して来年9月にデビューする。現行フォレスターは12年11月の登場だから5年目となる来年秋がフルモデルチェンジのタイミング。もちろん、インプレッサに続いてSGPが採用され、最新スバルのデザイン流儀、ダイナミック&ソリッドを継承するエクステリアデザインとなる。

燃費性能の底上げを目指し、レヴォーグなどに搭載されている1.6L直噴ターボに、フロント1モーター、リア左右独立2モーターによって、低燃費と走りの楽しさを両立させるべく現在開発中。HVシステムは全くの独自開発ではなく、トヨタから技術協力を得たものになるだろう。

ボディサイズは全長4700×全幅1800×全高1770mm程度になる見込み。もちろん新型フォレスターにはアイサイトver.4が搭載されることになる。

新型フォレスター 予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 4700×1800☓1770
ホイールベース(mm) 2650
パワーユニット 水平対向4気筒、
1599ccターボ+
フロント1モーター+
リア2モーター
最高出力(ps/rpm) 170/4800-5600(エンジン)
最大トルク(kgm/rpm) 25.5/1800-4800(エンジン)
トランスミッション CVT
JC08モード燃費(km/L) 30.0
価格 280万~350万円

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加