新型シビックタイプRは4ドアセダンで登場!

750台の限定販売となった現在のシビックタイプRはwebでの申し込み→抽選により販売されたが、実に12倍という倍率の大人気。欲しいのに買うことができなかったという人があまりにもたくさんいて、ホンダとしても嬉しくもあり、また、欲しいのに手に入れられない客さんに対し申し訳ない気持ちになっている。そんなシビックタイプRについては、早くも次期型の情報が次々と入っている。

現在のシビックタイプRは12年に欧州でデビューした9代目シビック(FK型)の5ドアハッチがベースとなっているのだが、昨年11月、新開発プラットフォームを採用する10代目シビックが発表されており、これをベースとしたタイプRの開発がアメリカホンダから明言されているのだ。

すなわち、次期型タイプRは4ドアセダンとなるということ。10代目シビックは北米向け4ドアに加え、全て共通のプラットフォームでクーペや5ドアもラインアップに加わるのだが、タイプRは4ドアセダンで開発される。

新プラットフォームのキモはリアサス。現在のシビックタイプRはフロント=ストラット、リア=トーションビームであの限界特性とハンドリングを作り上げているのだが、新型プラットフォームはリアサスがマルチリンクとなっており、より余裕のある操縦安定性が作り出せることとなる。また、ホイールベースも現行型より100mm長い2700mmとなり、スタビリティ麺でも大きなメリットとなる。エンジンは現行型同様の2L、直4ターボを搭載予定。デビューは2018年秋と予想。

シビックタイプR 予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 4650☓1820☓1410
ホイールベース(mm) 2700
パワーユニット 直4DOHC、1995ccターボ
最高出力(ps/rpm) 310/6500
最大トルク(kgm/rpm) 40.8/2500-4500
トランスミッション 6MT
JC08モード燃費(km/L) 13.5
価格 430万円

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加