スバルBRZ 初のビッグマイナーチェンジ

スバルBRZはビッグマイナーチェンジが行われ、7月5日発表、8月1日発売となる。ここまで大規模な変更は登場後これが初めて。もちろんトヨタ86も同様の内容でBRZと同日の8月1日より発売開始となる。

まず何と言ってもパワーアップが一番の注目ポイント。吸排気系の効率を高めることで最高出力が200psから207psとなり、また6MTのファイナルギア比を4・100から4・300にローギアード化することで、加速性能が向上するという。

サスペンションはスプリングのばね定数とダンパーの内部構造および減衰力を変更。リアスタビライザーも大径化し、ロール量を低減させるとともに前後のロール剛性配分をリア寄りに設定。これによりコーナリング時にフロントが沈み込み、高い旋回力が得られるとともにコントロール性も向上させる。

またVDCの設定も変わる。ドライバーコントロール領域を拡大した「TRACKモード」を新設。これは介入のタイミングを遅らせるとともに、その制御も滑らかにすることで、VDC作動時の挙動をスムーズにするもの。さらにVDCオフモードでは、従来よりもさらに車の限界性能を引き出しやすい設定にしている。

こう書くと、よりスポーツ性を高めるマイナーチェンジのように受け取られるだろうが、実は「走りの上質感」を高めるのが目的。乗り心地も大幅に良くなっているという。

走り以外では内外装を変更。前後ランプ、フォグランプにLEDを使用し、フロントバンパーとスポイラーの形状もワイド&ローをより強調したものに。また、フェンダーガーニッシュと17インチアルミホイールも新しいデザインとなる。インテリアは質感の向上がメインで、プラスチック素材の面積を減らし、上質さをアピール。

少し遅れて秋頃の発売となるが、最上級グレード「GT」の新設定も大きなニュース。ザックス製のショックアブソーバー、ブレンボ製のブレーキと専用の17インチアルミを標準装備し、ヒーター付きのアルカンターラ/本革フロントシートも採用。また、このGTとSには豊富な情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイも装備される。

BRZビッグマイナーチェンジのポイント

  • 前後デザイン変更
  • エンジンパワーアップ(200ps/20.9kgm→207ps/21.6kgm)
  • 6MTのローギアード化で加速性能向上
  • ボディ剛性向上&サス設定の変更で走りの質感向上
  • 廉価版「R」の装備を向上させ、商品力アップ
  • ザックス製ダンパー、ブレンボ製ブレーキを装着した最上級グレード「GT」を新設定(発売は今秋)
  • 内装の質感アップ。S、GTグレードにはマルチインフォメーションディスプレイ新設

BRZのマイナーチェンジ前後価格

マイナーチェンジ前の旧価格 マイナーチェンジ後の新価格
6MT 6AT 6MT 6AT
Rカスタマイズ
パッケージ
223万円 229万5000円 225万円 廃止
R 237万円 243万5000円 248万円 253万5000円
S 271万円 278万5000円 275万円 280万5000円
GT 307万円 312万5000円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加