自動車メーカーのブランドイメージ 2016年度

国産9ブランドの名前ですぐに思い浮かぶものは何か?イメージ調査のまとめより。

トヨタ

「いいクルマ作り」の浸透?80点主義は後退

トヨタといえば「ハイブリッド」。今年もこれは変わらず1位だが、去年2位「80点主義」が3位の16%に後退。豊田章男社長が最近よく口にする「いい車を作ろう」が、車にも市場にも浸透してきたということか。

トヨタのイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
ハイブリッド 80点主義 ハイブリッド ハイブリッド38%
豊田章男社長 ハイブリッド 80点主義 豊田章男社長22%
プリウス 豊田章男社長 豊田章男社長 80点主義16%
ReBORN(CM) 86.0 クラウン プリウス15%
86 クラウン プリウス カローラ4%
クラウン カローラ カローラ クラウン3%

レクサス

店舗への入りづらさがつきまとっている

1位は「敷居が高い」。いまだにこのイメージが強いという結果だが、実際の販売店はフレンドリーとまではいかないが対応は一般的。また「LFA」の12%も目を引く。現在も強烈な印象を残しているというわけ。

レクサスのイメージ

順位 2016年
敷居が高い34%
スピンドルグリル20%
プレミアムカー19%
LFA12%
RC F7%
LS6%

日産

「グローバル」を突き進めた末に

13年から「カルロスゴーン」と「GT-R」が上位に顔を見せているが、遂に、という感じで今年は「日本市場を見ていない31%」がトップに。日本の車好きが求めるモデルが少ない、というのは「スカイライン7%」が示している。

日産のイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
C・ゴーン GT-R GT-R 日本市場を見ていない31%
GT-R 日本市場を見ていない C・ゴーン C・ゴーン28%
スカイライン スカイライン 日本市場を見ていない GT-R25%
デザイン C・ゴーン スカイライン スカイライン7%
リーフ フェアレディZ 技術の日産 フェアレディZ4%
技術の日産 技術の日産 フェアレディZ 技術の日産3%

ホンダ

苦しい時代だからこそ創業者の顔が浮かぶ

今年は1位「本田宗一郎」が44%と半数近くを占める。販売年もF1も絶好調とはいえないだけに、創業者の熱い思いが浮かんできた結果だろう。「VTEC」2位は趣ある結果。

ホンダのイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
VTEC VTEC 本田宗一郎 本田宗一郎44%
フィット 本田宗一郎 VTEC VTEC15%
F1 タイプR NSX タイプR12%
軽自動車 F1復帰 F1復帰 F1参戦11%
ミニバン NSX スーパーカブ ミニバン8%
ASIMO ミニバン S660 NSX7%

マツダ

「ロータリー」と「SKYACTIV」が鉄板の二枚看板

「一番元気なメーカー」に選ばれたマツダは、13年から4年連続で「ロータリー」が1位。復活もあるので期待度の表れだろう。僅差の2位が「SKYACTIV」だ。マツダのイメージは当面この2本柱か。

マツダのイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
ロータリー ロータリー ロータリー ロータリー33%
SKYACTIV SKYACTIV クリーンディーゼル SKYACTIV31%
Zoom-Zoom RX-7 SKYACTIV クリーンディーゼル
17%
RX-7 クリーンディーゼル RX-7 ロードスター9%
クリーンディーゼル ロードスター ロードスター デミオ5%
技術力 Zoom-Zoom 広島 RX-7 3%

スバル

もはや「スバル=水平対向」と言ってOK?

14年から3年連続で1位が「水平対向エンジン」。去年の45%を上回り、今年は過半数超えの52%。独自のものがスバルを印象付けている模様。その分野で先ゆくアイサイトが2位で、去年より数字は倍増。着実に定着しつつある。

スバルのイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
4WD 水平対向エンジン 水平対向エンジン 水平対向エンジン
52%
水平対向エンジン 4WD アイサイト アイサイト22%
ラリー WRX STI WRX STI WRX STI 8%
技術 インプレッサ レガシィ レガシィ6%
職人気質 レガシィ シンメトリカルAWD インプレッサ5%
アイサイト アイサイト インプレッサ シンメトリカルAWD4%

三菱

渦中の三菱をイメージづけるのはランエボ

13年から4年連続で「ランエボ」が1位で、去年の33%を上回り今年は38%。燃費偽装問題が起こる中、三菱を象徴するモデルにイメージが集中した格好か。また「パジェロ」「パリダカ」共に去年より大きくランクダウン。

三菱のイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
ランエボ ランエボ ランエボ ランエボ38%
i-MiEV/EV PHEV パリダカ PHEV17%
ミラージュ 4WD パジェロ 日産傘下16%
PHEV パリダカ PHEV 4WD11%
ラリー パジェロ 4WD パジェロ9%
リコール 堅牢 堅牢 パリダカ8%

スズキ

「スズキの顔」健在。修会長はまさに象徴だ

1位~4位までは去年と同じだが、1位の「鈴木修会長」は去年の26%から38%に増大。まさに「スズキの顔」という強烈な印象は薄まることを知らず。また4以下の車種などを抑えた3位「ジムニー」も注目に値する結果と言える。

スズキのイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
鈴木修会長兼社長 軽自動車 鈴木修会長 鈴木修会長38%
ワゴンR 鈴木修会長兼社長 軽自動車 軽自動車29%
スイフト ワゴンR ジムニー ジムニー11%
軽自動車 スイフト ワゴンR ワゴンR10%
省燃費技術 ジムニー スイフト&スイスポ エネチャージ6%
バイク エネチャージ ハスラー ハスラー4%

ダイハツ

「軽+トヨタグループ」で73%という結果に

去年はコペン、ムーヴ、タントが各10~15%と多かったが、今年は減少。その分1位「軽自動車」が49%と倍増。「トヨタグループの軽部門」がより色濃くなった表れと言っていいかもしれない。

ダイハツのイメージの移り変わり

順位 2013年 2014年 2015年 2016年
軽自動車 軽自動車 鈴木修会長 軽自動車49%
ミライース コペン トヨタグループ トヨタグループ24%
コペン ムーヴ コペン コペン11%
ムーヴ タント ムーヴ タント6%
コンパクト トヨタグループ タント ムーヴ5%
タント ベタ踏み板 ウェイク キャスト4%
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加