次期型セレナの販売店向け商品説明会&試乗会を開催

日産は8月24日に発表、9月上旬に発売する次期型セレナの首都圏販売店向け商品説明会と施設内試乗会を、6月上旬から7月にかけて開催しています。商品説明会の会場は横浜にあるグローバル本社に販売店の営業責任者を集め、試乗会は追浜のテストコースに営業担当を招集し、それぞれ行っています。

次期型セレナは改良型2Lマイルドハイブリッド、新開発ストロングハイブリッド、車線逸脱抑制とクルーズコントロールなどをセットにした自動走行の採用など、売りとなるハイテク装備が多く、日産としては久しぶりの期待の新型車となります。そのため、販売政策を強力に展開することで今年下期の反転攻勢に弾みをつけたい構えです。

試乗会は先行発売する2Lマイルドハイブリッド車のみで行われ、来年2~3月に追加するストロングハイブリッド車については今回試乗を実施していません。

Nissan_SERENA_HIGHWAY_STAR_S-HYBRID_(C26)_rear

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加