トヨタノアのおすすめグレードはこちら

トヨタノアは2014年1月20日登場。2016年5月販売台数3030台となっています。

グレード別販売構成比上位3グレード

  1. Si:20.0%
  2. Xディライトプラス:17.0%
  3. ハイブリッドG:16.0%
    ※ガソリン:ハイブリッド比率は57対43

640px-Toyota_NOAH_HYBRID_G_(ZWR80G)_front

人気ボディカラー

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン:47%
  2. ブラック:19%
  3. シルバーメタリック:13%

この車のポイント

ノア/ヴォクシー兄弟の中のノアはカローラ店の専売ミニバン。グレード体系や価格は全く同じだ。5ナンバーサイズだからアルファード/ヴェルファイアよりも取り回しは楽。ノーマルエンジンは2WD、4WDあって全16グレード。HVは3グレード展開。

ズバリおすすめグレードは「X・7人乗り(ガソリンエンジン)」248万73円

ノーマルエンジンとハイブリッドの価格差は、装備差を補正すると35万円だ。先代プリウスのシステムを使ってハイブリッドを割安に抑えた。エコカー減税も含めると実質29万円に縮まる。この実質差額を燃料代の差で取り戻せるのは9万kmを走った頃だ。

一般的な使い方ならノーマルエンジンが割安。グレードは実用装備を充実させたXの7人乗りを選ぶ。250万円前後には、全高が1800mmを超える5ナンバーサイズを基本としたミドルサイズミニバンの売れ筋車種が集中していて、激しい価格競争を展開しているからだ。XにトヨタセーフティセンスC、サイドカーテンエアバッグ、スマートエントリーなどを加えるのが最もお得な買い方になる。

ただし、1年間に1.5万km以上を走るなら、ハイブリッドも検討したい。ノーマルエンジン車との実質価格差を6年以内に取り戻せるからだ。ハイブリッドもX(7人乗りのみ)が買得。走る距離に応じて判断したい。

【広告】

ノアX(7人乗り、ガソリンエンジン)主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4695☓1695☓1825
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1570
エンジン 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 19868
最高出力(ps/rpm) 152/6100
最大トルク(kgm/rpm) 19.7/3800
トランスミッション CVT
JC08モード燃費(km/L) 16.0
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。