マツダ 新型CX-3 XDツーリング Lパッケージ

クロスオーバーSUVのCX-3が高い人気を集めている。CX-3はマツダのスカイアクティブ技術(マツダの燃費・環境技術の総称)魂動デザインで開発された第5のモデル。デミオとプラットフォームを共有するコンパクトモデルだ。

ところで、CX-3に乗り換えるなら愛車を下取りに出すと思いますが、
その前に無料一括査定サイトのカービューで愛車の価格を確認しておきませんか?
メーカー下取り価格より高く売ってオプション追加しましょうよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

一般的な機械式立体駐車場が使えるサイズ設定

ボディサイズは全長☓全幅☓全高4275☓1765☓1500mm。日本の道路環境に適したサイズである。一般的な機械式立体駐車場が使える全高設定が嬉しい。試乗車は最上級グレードのXDツーリングLパッケージの4WDだ。CX-3のパワーユニットは1.5LのスカイアクティブD。マツダの最新技術を投入したディーゼルターボである。パワースペックは105ps/4000rpm、27.5kgm/1600~2500rpm。2.5Lガソリン自然吸気に匹敵る豊かなトルクを低回転域で生み出すユニットだ。エンジンの基本構成はデミオ用と共通だが、CX-3はデミオ比で約130kg重い車両に対応してトルクが2kgm太くなった。トランスミッションは最近のモデルとしては珍しく、6速AT仕様だけでなく、6MTも設定されている。

ドライバーの特等席、静かなアイドリング

CX-3のパワーユニットはピストンピンにダイナミックダンパーを内蔵してディーゼルエンジンのノックノイズを打ち消すナチュラルサウンドスムーザーという装備がオプションで設定された。試乗車はこれが装着されていたが、確かにしずかだった。アイドリング時でもディーゼル特有のノイズは目立たない。いったん走り始めると、ディーゼルであることを忘れる。これなら早朝や深夜の住宅街でも近所の不評を買う心配はないだろう。ただしこのナチュラルサウンドスムーザーは上級グレード用で、キャパシタ回生システムのi-Eループとのセットオプション、イノベーションパッケージ(6万4800円)になる。しかもATにしか設定されていない点はおしい限りだ。

試乗車のJC08モード燃費は21.0km/L。数字としてはさほど目立つものではない。しかしディーゼル車の特性として、高速道路や流れが速い校外道路で素晴らしい燃費をマークする。日本は軽油が安い事情もあり、ランニングコストは同クラスのハイブリッド車と同等と考えていい。加速パフォーマンスはレベルが高い。右足の踏み込みひとつで、思いのままに動かしているという実感がある。CX-5用2.2Lディーゼルターボほど強烈ではないが、適度にスポーティな味わいが心地よい。特に高速ドライブをリラックスして走れるテイストは、ディーゼル車特有。右足に、ほんのわずかな力を入れるだけで、実にかろやかに速度に乗り、低回転でクルージングできる。

CX-5のフットワーク

フットワークはナチュラルなイメージ。ステアリングの操作に対して車が素直に反応する。SUVらしく動き始めに若干のテンポの遅れはあるが、それは許容範囲。安心してステアリングワークが続けていける。絶妙なタイミングでノーズが動いてくれるから、ワインディングロードはもちろん、市街地の交差点を曲がるだけでも実に気持ちがいい。乗り心地はやや固めの印象だ。荒れた路面では特に後輪からの突き上げを感じた。これは18インチタイヤを標準で装着している影響かもしれない。

CX-5のエクステリア、インテリア

魂動デザインの5thモデルという関係もあって、エクステリアはよくまとまっている。国産車にしては珍しい、光の陰影でイメージを変えるハッとするデザインだ。最新のマツダ車はデザインの評価が高い。CX-3はその中でも出来栄えがいいと思う。インテリアはシンプルな印象。居住空間は前席優先だ。最新のマツダ車は全席の居住性を追求せず、エクステリアのデザイン性を重視し、前席にはスポーツカー的な発想を盛り込んでパッケージしている。ドライビングポジションは理想的で、シートの座り心地やサポート性は上々だ。後席の居住スペースは必要最小限だが、見晴らしがよく、空間的には狭くても快適性は高い。CX-3はスタイル、効率性、パフォーマンスと三拍子そろったコンパクトSUVである。

CX-3主要諸元

グレード XDツーリングパッケージ(4WD/AT)
価格 6SAT 302万4000円
全長☓全幅☓全高(mm) 4275☓1765☓1550
ホイールベース(mm) 2570
トレッド(mm) F1525☓R1520
最低地上高(mm) 160
車重(kg) 1330
エンジン(軽油仕様) 1498cc直4DOHC16Vディーゼルターボ
最高出力(kW(ps)/rpm) 77(105)/4000
最大トルク(Nm(kgm)/rpm 270(27.5)/1600~2500
JC08モード燃費(km/L) 21.0(燃料タンク容量44L)
サスペンション Fストラット/Rトーションビーム
ブレーキ Fベンチレーテッドディスク/Rディスク
タイヤ&ホイール 215/50R18+アルミ
駆動方式 4WD
乗車定員(名) 5
最小回転半径(m) 5.3
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加