7月5日からeKシリーズの販売を再開

三菱自動車は1月20日から販売を休止していたekシリーズの販売を7月5日から再開しました。

カタログ情報に掲載していたJC08モード燃費値は測定し直したものに訂正して、新たに作成します。その上、車両本体価格については一部引き下げるなどの措置をする見込みです。

また、軽自動車10万円、一部登録車3万円の補償金についてはメーカーが直接ユーザーの金融機関口座に振り込むなどで対応します。

今回の燃費不正で三菱自動車のイメージダウンはかなり浸透しており、販売を再開しても原状回復には日産陣営以上にに時間がかかりそうです。

そこで、無料点検などのサービスキャンペーンの展開などでカバーして信頼回復に努めていくものと思われます。

Osaka_Motor_Show_2015_(300)_-_Mitsubishi_eK_Wagon_T_【Safety_Package】_(DBA-B11W)

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加