ビッグマイナーチェンジしたエスティマが絶好調の滑り出し

トヨタが6月6日にビッグマイナーチェンジしたエスティマが絶好調な滑り出しを見せています。6月末現在で受注分をコンピューターで入力すると納期は不明という回答が出ています。あまりに台数が多すぎてオーバーフローになっている模様です。

当初は月販2200台の計画を策定し生産規模を組んでスタートしていますが、不明ということは受注が10,000台以上に達し、供給が読みきれない状態になっていることを意味します。

その中でもツートーンのボディカラーはノーマルカラーのさらに3ヶ月以上先の納期になっています。

6月にビッグマイナーチェンジしたエスティマ。デビューから10年が経過しているが、今回のマイナーチェンジでは予想を大きく上回る売れ行きを見せている。

640px-ESTIMA_AERAS_2012

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加