トヨタアルファードのおすすめグレードはこれだ!

トヨタアルファードは2015年1月26日登場。2016年5月販売台数2180台となっています。

グレード別販売構成比上位3グレード

  1. S Cパッケージ:22.0%
  2. S:13.0%
  3. S Aパッケージ:11.0%

640px-Toyota_alphard_rear

人気ボディカラー

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン:49%
  2. ブラック:33%
  3. ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン:8%

この車のポイント

日本独自の進化を遂げたビッグミニバンの人気モデル。オラオラ系の顔が人気に拍車をかける。ヴェルファイアとは兄弟だが、グレード展開は微妙に違う。モデルは2WD、4WDが22グレード、HVが7グレード展開。

ズバリおすすめグレード「2.5S」357万8727円

ハイブリッドは後輪をモーターで駆動する4WDで価格が高い。ノーマルエンジンを積む4WD と比べても、装備差を補正して60万円上回る。エコカー減税額を含めても実質51万円は高い。

この実質差額を燃料代の節約で取り戻すには、12万kmの走行が必要。1年間に1.5万kmを走っても約8年を要する。

グレードは実用的にはXで十分だが、2列目はベンチシートのみ。上級ミニバンなら両側にアームレストのついたセパレートシートが欲しい。外観もXでは少し味気ない。そこで約38万円を加えて2.5Sに上級化する。エアロパーツが備わり、2列目は快適なセパレートシートになる。

一方、V型6気筒の3.5Lは割高。装備差を補正して1L/2気筒の価格が39万円に換算され、エコカー減税の対象外。購入時の取得税と重量税の合計額は2.5Sが7万6100円だが、3.5SA( 414万5237円)は16万5100円だ。

【広告】


アルファード2.5S・8人乗り主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4935☓1850☓1880
ホイールベース(mm) 3000
車両重量(kg) 1960
エンジン 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 2493
最高出力(ps/rpm) 182/6000
最大トルク(kgm/rpm) 24.0/4100
トランスミッション CVT
JC08モード燃費(km/L) 11.6
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加