セレナと、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、とステップワゴンの比較

人気ミニバン三つ巴対決、選択の決め手は?

セレナとライバル2車(ヴォクシー3姉妹車とステップワゴン)の大きな違いは床の高さだ。ライバル2車は底床設計だが、セレナは従来型と同じで床が約70mm高い。

ドアの開口部に小さなサイドステップが備わるが乗降性劣る。床が高いと高重心になるから、走行安定性などにも悪影響を与えそうだ。

居住性では、セレナが新型で3列目を改善した。床と座面の間隔を30mm拡大して腰の落ち込む座り方を解消し、座面の柔軟性も増した。3列目にスライド機能を備えた仕様では足元空間も広がる。

そして座面の奥行き寸法は、ステップワゴンが床下格納のために415mmと短く、ヴォクシー3姉妹車は435mm、セレナは480mm(スライド機能付)だから、セレナが最も快適だ。1、2列目は差がつかない。

荷室はステップワゴンが3列目に床下格納を採用して使いやすい。ヴォクシー3姉妹車はレバー操作で跳ね上がる。セレナは平凡だ。

シートアレンジはセレナが豊富。ヴォクシー3姉妹車と同様、2列目を大きく後退させて足元空間を広げる機能も採用した。リアゲートはセレナが上半分だけを開閉可能で、ステップワゴンは横開きのサブドアを装着した。両車とも狭い場所で開閉できる。

緊急自動ブレーキは全車が用意するが、車間距離を自動制御するクルーズコントロールはセレナとステップワゴンが採用する。セレナにはハンドルの積極的な支援機能があるが、ステップワゴンもLKASを備えて車線の中央を走れるように操舵力を与える。

価格はライバル争いが激しく拮抗する。セレナハイウェイスターは267万8400円、ヴォクシーZS(8人乗り)は270万8837円、ステップワゴンスパーダホンダセンシングは緊急自動ブレーキを標準装備して284万円だ。

【広告】


ホンダステップワゴン、トヨタヴォクシー、日産セレナ比較表

ホンダステップワゴン トヨタヴォクシー 日産セレナ
全長☓全幅☓全高(mm) 4690☓1695☓1840 4695☓1695☓1825 4690☓1695☓1865
ホイールベース(mm) 2890(標準仕様) 2850(標準仕様) 2860(標準仕様)
エンジン 1.5Lターボ 2Lガソリン/
1.8Lハイブリッド
2Lガソリン/
2L S-ハイブリッド
最高出力/最大トルク(ps/kgm) 150/20.7
JC08モード燃費(km/L) 16.2~17.0 16.0/23.8 15.0/17.2
駆動方式 FF車 FF車 FF車
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加