ノートHVは11月下旬発売。BMW i3と同じシステムか?

日産が11月下旬に発表、発売するノートハイブリッドはBMW i3のような電気自動車がベースになるシステムを採用する模様です。

1.2L、3気筒エンジンと電気モーターの組み合わせで、エンジンは駆動には使わずに発電だけに使用し、モーターのみで走行するシステムです。

走りは電気自動車のようですが、給油すれば電池切れの心配がなく、通常のガソリン車と同様に使えるのが売りとなります。

エンジンとモーターの両走行による従来のハイブリッド方式よりも低コストで実用化できるメリットがあるようです。どの程度の価格設定になるのか注目です。

同パワーユニットは今後キューブ、ジューク、マーチの後継モデルにも順次展開する方向にあります。

ノートの従来モデルは8月上旬に生産を停止しており、在庫一掃セールに入っているところです。

モデル自体はマイナーチェンジになると思われますが、パワーユニットのラインアップはハイブリッドが加わるだけなのか従来の1.2Lや1.2Lスーパーチャージャーも含め全面的に新ユニットに切り替わるかはまだ明らかになっていません。

9月中旬までに販売店に商品概要についての説明があるようです。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加