マークXが11月22日にマイナーチェンジ

マークXは11月22日にかなり大幅なマイナーチェンジを実施します。内外装のデザイン及びグレード構成の変更、安全装備の充実などが主な改良内容です。

フロントマスクはヘッドランプとフロントグリル、リアはクリアレンズのデザインが手直しされ、よりスポーティ&スタイリッシュにリファインされます。バンパーまで切れ込んだ大型グリルを採用しますが、クラウンほどの大きさではありません。

グレードは2.5L車、3.5L車の最上級車「プレミアム」が廃止になり、特別仕様車「250Sパッケージ」は「250S」というグレード名に変更されてカタログモデルになります。

リアのクリアレンズはスポーツカスタマイズバージョンのG’sに採用されているパーツと同様のものが採用されます。

エンジンラインナップは従来と変わりません。安心パッケージ「トヨタセーフティセンスC」を標準装備します。従来モデルは10月いっぱいでオーダーストップとする見込みです。

  • デビューから7年目を迎えるマークXは11月に大幅なマイナーチェンジが実施される。フロントマスクを始め外観のデザインを変わる模様。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加