新型インプレッサ対VWゴルフはいい勝負?

発表までもう間もなくというところで新型インプレッサのプロトタイプ試乗会が修善寺サイクルスポーツセンターで行われた。

今回スバルが用意してくれたテスト車は5ドアハッチバックのインプレッサスポーツ、17インチ仕様の2.0i-Lアイサイトと18インチ仕様の2.0i-SアイサイトでいずれもAWD仕様。比較車両として1.4L直4ターボのゴルフを用意した。

【広告】


ボディの剛性感

新型インプレッサから採用された新しいプラットフォームのSGPは車体、シャシー各部の剛性が従来比1.7~2倍。

どこまで高いのかと期待感いっぱいでしたが軽自動車が2L級の普通乗用車に生まれ変わったんじゃないかと思うほどの進化でした。

まず、サスペンションがバタつかない。ハンドルを切った時にボディのねじれがない分、ダイレクトにサスペンションからの入力が伝わります。

旧型はハンドルを切ってから反応するまでにちょっと時間がかかるのと、ボディがいったん受け止めてから反応するという2種類の遅れが出ていましたがこの新型は遅れがないのでハンドルを切った瞬間にずっと曲がりだす、もうすごく反応がいいです。

これは、Aピラー下、プラットフォームと上屋の骨格をくっつける部分にインナーパネルを入れて結合を強化したり、ホットプレス材、環状構造の床下フレームの採用によることが大きいですが、注目したのはリアスタビライザーのボディー直付けです。

サスペンションをあれだけ柔らかくしてもハンドルを切った瞬間に車がクッと反応して車体の揺れをスタビライザーが抑えています。ボディ直付けたからこそのなせる技。しかもその反応が早い。

17インチ仕様と18インチ仕様の走りの違いは

17インチ仕様は205/55R17サイズのエコタイヤ、BS製TURANZA T001。18インチ仕様はハイパフォーマンスタイヤ、225/40R18ヨコハマ製アドバンスポーツV105を装着。

18インチの方がバタつきません。17インチはエコタイヤということもあり、コンパウンドが固めで、路面の凸凹に大してバタついていました。

18インチ仕様はアンダーステアになる、というところまで攻めるとアクティブトルクベクタリングが車を曲げてくれますが今回のコースでは試せなかったのが残念。

ボディ剛性、ハンドリングはゴルフより上か?

ゴルフの装着タイヤはインプレッサの17インチと同じ銘柄となるBS製のエコタイヤ、TURANZA T001の225/45R17です。

ゴルフは路面からの小さい入力に対してはほとんど反応しないと言うか、ずっとフラット&ライドに動いています。

ボディ剛性感は新型インプレッサと比べると同レベルですがコーナリング中の安定感はインプレッサの方が高い。

乗り心地に関してはゴルフと18インチ仕様のインプレッサはイーブン。決定的に違うのは直進安定性の良さ。

インプレッサはハンドルを切った瞬間に車がカーンと曲がりだす気持ち良さがあります。これは直進安定性がいいから、よく曲がるということ。

エンジン、トランスミッションの出来は?

以前のFB20型エンジンは、ミャーンと嫌だ回りたくないっていう感じで回るんですが新型FB20エンジンはそれがなくなって滑らかに嫌味なくスムーズに吹け上がります。

リアトロニックもオートステップ変速の制御がよくなって人間の感覚とのズレ、違和感が解消しています。

ダイレクト感ではゴルフの7速DSGにはさすがに負けますが、排気量が少し足りなくてアクセルを踏み込めないと速く走れない・・・というゴルフの感覚に比べると、インプレッサの2Lエンジンの方が全体的には好印象です。

インテリアの質感、居住性

新型インプレッサのインテリアの質感はスバル車じゃない。ダッシュボードのシボや加飾パネル、斜めに入ったステッチなどスバルを越えて外車並の質感の高さです。デザインもオーソドックスすぎるゴルフよりは良い。

室内の居住性ですが、後席の広さにはびっくりしました。当然、ゴルフより1クラス上といってもいいでしょう。

総合的に見ると、新型インプレッサとVWゴルフ、いい勝負だと思います。

【広告】


新型インプレッサG4/スポーツ価格表

グレード名 駆動方式 JC08モード燃費(km/L) 価格
1.6i-Lアイサイト
FF 18.2 192万2400円
AWD 17.0 213万8400円
2.0i-Lアイサイト
FF 17.0 216万円
AWD 16.8 237万6000円
2.0i-Sアイサイト
FF 16.0 237万6000円
AWD 15.8 259万2000円

インプレッサとゴルフの主要諸元

グレード インプレッサスポーツ2.0i-L
アイサイトAWD
VWゴルフ
TSIハイライン
全長☓全幅☓全高(mm) 4460☓1775☓1480 4265☓1800☓1460
ホイールベース(mm) 2670 2635
車重(kg) 1370 1320
エンジン 直噴水平対向4DOHC 直噴・直4DOHC
排気量(cc) 1995 1394
最高出力(ps/rpm) 154/6000 140/4500~6000
最大トルク(kgm/rpm) 20.0/4000 25.5/1500~3500
トランスミッション リアトロニック(CVT) 7速DSG
サスペンション形式 ストラット/
ダブルウィッシュボーン
ストラット/4リンク
タイヤサイズ 205/50R17
BS TURANZA
225/45R17
BS TURANZA
JC08モード燃費(km/L) 16.8 19.9
価格 237万6000円 328万9000円
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。