トヨタC-HR ハイブリッドとターボのスポーツSUV

12月14日発表!ハイブリッド(FF)とターボ(4WD)のスポーツSUV

日産のジュークが登場して以来、排気量は小さくとも車格を超えたスタイリッシュなボディを持つSUVが人気となっている。ホンダのヴェゼルしかり、マツダのCX-3しかりだ。

今回トヨタがいよいよC-HRで参入するが、すでにプリウスで高い評価を得ているTNGAプラットフォームと1.8Lのハイブリッドシステムを使うというから、プリウス同様優等生の走りと経済性が期待できる。

しかし、期待するのは1.2L直噴ターボモデルのほう。ダウンサイジングターボの本命と期待されながら、オーリスに採用されたことで、地味な印象が拭えないが、プラットフォームがTNGAになるから走りの印象も変わるはず。

何しろターボモデルは全車4WDで50代以上のおっさんなら心ときめく「ターボ4WD」なのだから。

フロント=ストラット、リア=ダブルウィッシュボーンのサスペンションはSACHS製ダンパーが全車標準装備。

衝突回避支援パッケージ「トヨタ・セーフティ・センスP」も全車標準装備だから、安全面でも信頼性は高い。

発表は12月14日が予定され、11月上旬からwebで先行商談受付が開始される。ディーラーによると、既に問い合わせが何件か入ってるといい、注目度は高い。

  • クーペのようなフォルムがC-HRの特徴。その分居住性や荷室は広々とはいかない
  • SACHS製ショックアブソーバーが全車種標準装備と言うからふるっている。特にターボモデルには期待できそう。トヨタセーフティセンスPの標準装備も嬉しいポイントだ。

エンジンは1.2Lターボと1.8Lハイブリッド

エンジンは8NR-FTS1.2L直噴ターボと2ZR-FXE1.8Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドの2タイプ。

個性豊かな8色をラインアップ

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • メタルストリームメタリック
  • ブラックマイカ
  • センシュアルレッドマイカ
  • ダークブラウンマイカメタリック
  • イエロー
  • ラディアントグリーンメタリック
  • ブルーメタリック

【広告】


C-HR確定スペック(ターボモデル)

全長☓全幅☓全高(mm) 4360☓1795☓1550
ホイールベース(mm) 2640
エンジン 直4DOHCターボ
排気量(cc) 1196
最高出力(ps/rpm) 116/5200-5600
最大トルク(kgm/rpm) 18.9/1500-4000
トランスミッション CVT
駆動方式 4WD
価格 250万円(予想)
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加