中古スポーツ車情報!日産フェアレディーZの相場

中古車相場:148万~555万円、現行型価格帯:383万1840~629万3160円

デビュー時スペック

  • 2008年12月発表
  • 全長4250×全幅1845×全高1315mm
  • エンジン:V6、3696cc
  • エンジン発生出力:336pS/37.2kgm
  • 価格帯:362万2500~446万2500円

中古車の状況

現行型フェアレディZは、クーペが2008年に登場。翌年の09年には電動開閉式のソフトトップを採用したロードスターを追加した。

ロードスターは、日本国内での販売が14年に終了したため、現在では中古車でしか手に入れられなくなっている。

クーペのスタンダードとST、そしてNISMOは6MTと7ATを用意しているが、バージョンTは7AT、バージョンSは6MTのみ。

ロードスターは、STはクーペ同様にMTとATを用意するが、スタンダードがMTのみ、バージョンTはATのみの設定。

中古車の状況を見てみると、クーペは最近になって流通台数が増加し、値上がりしていた平均価格も、259万円まで下がっている。

一方のロードスターは流通台数が少なく、平均価格も300万円付近で足踏みし、高値安定の状況。また中古車のミッションを見てみるとクーペ、ロードスターともにATが約65%、MTが約35%となり、価格はクーペにおいてはAT車の方が割安となっている。

中古車市場ではMTが人気となっているが、台数は多くないため自分の希望通り個体はやや見つけづらい。

  • MT車はシフトダウンの際に自動で回転を合わせる「シンクロレブコントロール」を搭載するなど魅力的だが、スタイルの方に惹かれているのならATがおすすめ。台数が多く、選びやすいのがメリット。

【広告】


おすすめ中古車情報

中古車市場ではMTを探す人が多いが、ATより台数が少ないため価格はなかなか下がってこないようだ。以上のような状況からMTで自分の思い通りの個体を探すと難しい面があるので、「自分の理想に近い」ものがあったら、多少の妥協はしょうがないとして購入を検討した方がいい。

(例)

  • 2010年式バージョンST(224万円、車検17年6月)
    走行距離:6万8800km、パールホワイト、7AT、HDDナビ、バックモニター、BOSE音響システム、シートヒーター
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加