年末ボーナス商戦!コミコミ350万円の日産車は?

ノート 147万9600~226万6920円

日産期待のグローバルコンパクトカーとして登場した。気合いの入ったマイナーチェンジを実施して、商品性を高めている。

オーテックジャパンが送り出すノートNISMOは、スタイリッシュなエアロパーツを身にまとい、インテリアも精悍なブラックとした。

エンジンを1.6Lとし、ファインチューニングを施したNISMO Sは、さらに刺激的で走りが楽しい。

  • 専用チューンの1.6L DOHCを搭載したノートのホットモデル。ミッションは5MTのみ

おすすめグレード:NISMO S 226万6920円 値引き目標額16万円

  • 全長4190☓全幅1695☓全高1515mm
  • ホイールベース2600mm
  • 車重1080kg
  • エンジン:直4、1.6L DOHC
  • 最高出力140ps
  • 最大トルク16.6kgm

【広告】


セレナ 231万6600~318万7080円

日本を代表するファミリー向けのミニバンだ。8月に満を持してモデルチェンジしたばかりだから、これから買っても十分に楽しめるだろう。人気モデルだけに、ミニバンとしての使い勝手は1級の折り紙付きだ。

3列目でも快適だし、ラゲッジルームも荷物を積みやすい。注目のプロパイロットは単一車線だけでの自動運転だが、高速道路では重宝する。新型はハンドリングも大きく向上した。

  • セレナのモーターはベルトでエンジンにパラレル接続し、アイドリングストップなどをサポートする。

おすすめグレード ハイウェイスターGプロパイロットエディション 318万7080円 値引き目標額16万円

  • 全長4770☓全幅1740☓全高1865mm
  • ホイールベース2860mm
  • 車重1710kg
  • エンジン:直4、2L DOHC+モーター
  • 最高出力150ps
  • 最大トルク20.4kgm
  • JC08モード燃費16.6km/L
  • エコカー減税:自動車取得税60%、自動車重量税50%

リーフ 280万3680~428万8680円

世界初の量産EVで、今年になって大容量の30kWバッテリー搭載車を追加した。が、この予算だと従来の24kWバッテリー搭載車がメインのターゲットになる。

リーフはモーターならではの痛快な走りを楽しめ、エコカー減税の対象なのも嬉しい。エアロパーツを装着したスポーティなルックスで、タイヤとアルミホイールも17インチになるエアロスタイルなら長く付き合えるだろう。

  • リーフにはカラフルなボディカラーが多く揃えられており、全12色展開となっている。

おすすめグレード Sエアロスタイル(24kWh)310万6080円 値引き目標額12万円

  • 全長4460☓全幅1770☓全高1550mm
  • ホイールベース2700mm
  • 車重1450kg
  • リチウムイオンバッテリー(モーター)
  • 最高出力109ps
  • 最大トルク25.9kgm
  • 航続距離228km
  • エコカー減税:自動車取得税100%、自動車重量税100%

【広告】


ティアナ 256万3920~351万3240円

FF方式を採用する世界基準のアッパーミドルサルーンだ。おもてなしを掲げたモダンデザインのインテリアをコンセプトに、上質な仕上がりと高級感を売りにしている。

プレミアムムードが強いが、価格はリーズナブルに抑えた。ただし、ワイドボディだから取り回し性は今一歩に止まる。走りは快適性を重視した味付けだ。エンジンも軽やかに回る。自動ブレーキは標準装備とした。

  • 3代目となる現行型は北米仕様のアルティメットボディーを共有する兄弟車として登場した。

おすすめグレード XLナビAV Mパッケージ 321万3000円 値引き目標額27万円

  • 全長4880☓全幅1830☓全高1470mm
  • ホイールベース2775mm
  • 車重1480kg
  • エンジン:直4、2.5L DOHC
  • 最高出力173ps
  • 最大トルク23.9kgm
  • JC08モード燃費14.4km/L

ジューク 197万5320~297万1080円

コンパクトサイズだが、個性的なデザインで存在感も強いのがクロスオーバーSUVのジュークだ。手軽にSUVの楽しさを味わえるが、4WDを選べるのは1.6Lのターボだけでとなる。

精悍なルックスで、気持ちいい走りへと誘ってくれるのはNISMOだ。硬派のRSに惹かれるが、ムード派のNISMOでも満足度が高い。ただし、NISMO系は自動ブレーキの設定がないのが難点。

  • デビューは2012年と日産の中でもモデルスパンが長めになってきた元祖クーペ系SUV。

おすすめグレード NISMO297万1080円 値引き目標額21万円

  • 全長4165☓全幅1770☓全高1570mm
  • ホイールベース2530mm
  • 車重1400kg
  • エンジン:直4、1.6L DOHCターボ
  • 最高出力190ps
  • 最大トルク24.5kgm
  • JC08モード燃費13.4km/L

エクストレイル 223万8840~309万6360円

タフな道具としての魅力を訴求し続けているクロスオーバーSUVがエクストレイルだ。ハイブリッド車に心を惹かれるが、5人乗りだけ設定だし、今回の企画では予算も厳しい。

潔く2Lのガソリンエンジン搭載車を狙った方がいいと思う。コストパフォーマンスはかなり高い。20X系は充実した装備内容で、話題のエマージェンシーブレーキパッケージもあるから食指を動かされる。

  • 2013年にデビューした現行型は昨年新たに1モーター2クラッチのハイブリッドを追加。

おすすめグレード 20Xtエマージェンシーブレーキパッケージ 309万6360円 値引き目標額26万円

  • 全長4165☓全幅1770☓全高1570mm
  • ホイールベース2530mm
  • 車重1400kg
  • エンジン:直4、1.6L DOHCターボ
  • 最高出力190ps
  • 最大トルク24.5kgm
  • JC08モード燃費16.4km/L

エルグランド 321万3000~562万8960円

日産を代表するビッグサイズのプレミアムミニバンだ。V6エンジンやパワフルなディーゼルターボ搭載車が一世を風靡していた。

が、現行モデルのデビューは2010年の夏だから新鮮味は薄れてしまった。だが、背を低くしたことにより、軽快な走りを披露する。

インテリアも上質だ。どの席でもシートの座り心地がよく、寛げる。2.5Lモデルを選んでも気持ちいい走りを引き出しやすい。

  • エルグランドは歴代初めてFF車に切り替わった現行型から、強敵アルファード/ヴェルファイアの前に苦戦。

おすすめグレード 250G 321万3000円 値引き目標額31万円

  • 全長4915☓全幅1850☓全高1805mm
  • ホイールベース3025mm
  • 車重1910kg
  • エンジン:直4、2.5L DOHC
  • 最高出力170ps
  • 最大トルク25.0kgm
  • JC08モード燃費10.8km/L

予算を広げればこんな日産車も

日産のニューモデルとして期待されるのが、来年秋にも日本導入予定の新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)。

新開発の直噴V6、VR30型3Lターボは304ps/40.7kgm版が600万円級、408ps/48.4kgm版が700万円級とレクサスRC並となりそう。

そこまで高スペックなV6ターボ版が必要ないなら、現行スカイライン200GT-tが積む直4、2Lターボ版のスカイラインクーペなら400万円級で狙える。このあたり、待っている日本の車好きもいるのでは。

次に、総額350万円を超えるものの、400万円まで予算を確保すればフェアレディZが狙える。ただし、値引きも含めて条件内に入ってくるのは383万1840~390万9600円の標準仕様に限られる。

【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。