クラウンが17年12月にフルモデルチェンジ

トヨタはクラウンを17年12月にフルモデルチェンジする見通しです。現行モデルの登場が12年12月25日であるから、5年ぶりの世代交代となります。

エクステリアデザインはキープコンセプトですが、次世代トヨタの車作りの考え方である「TNGA」を採用することで、低重心を中心とした走り&クオリティのポテンシャルの高さを最大限に盛り込みます。

パワートレーンは2.5LのNA&ハイブリッドで、ハイブリッドのバッテリーは現行型のニッケル水素からより高効率&コンパクトのリチウムイオンに変更。

上級&スポーツバージョンは3.5Lを廃止し、ダウンサイジングして2Lターボに一本化します。PHVモデルは1年後にも追加設定する方法で開発を進めているようです。

上級バージョンのマジェスタがどうなるかは確認されていませんが、販売不振のため、モデル廃止となる可能性が強いです。

なお、これまでプラットホームを共用していた弟分のマークXは次期型カムリに統合し、来秋までに生産中止する見込みです。

【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。