ノートe-POWER vs アクアの実燃費対決

まず参考としたノーマルモード同士の市街地での燃費は、ノートe-POWERはブレーキペダルを踏んだ際の回生制動がない上、アクセルオフでも強い回生制動を行わないため、減速時にバッテリーに戻る電力の少なさも原因となり、アクアの圧勝となった。

下表の①から③の走行パターンでは2台ともエコモードで走行(ノートe-POWERのエコモードはアクセルオフだけで停止できるほど強い回生制動がかかり、アクセルレスポンスも鈍くなる)。

燃費自体は全区間アクアが上回ったが、その要因は①の市街地では減速エネルギーをバッテリーに貯めやすくなったものの、アクアに対し100kg以上車重が重く加速時の燃費の不利は否めず、比較的スピードが遅かった②の高速道路はエンジンの効率の良い所で充電できたのかアクアの燃費に近づき、③の高速道路&市街地は高速道路の流れが速かったこともあり、ノートは空気抵抗の大きさも不利に働きアクアとの燃費の差が開いたといったところだ。

燃費ではアクアに劣る結果となったが、ノートには室内の広さやモーターだけで加速するレスポンスの良さという武器もあるので、フィットハイブリッドやデミオディーゼルも含めたコンパクトクラスエコカー選びで迷った際には燃費だけでなく、総合力で選ぶべきだろう。

【広告】


ノートe-POWER vs アクア実燃費テスト結果

走行パターン ノートe-POWER
(km/L)
アクア
(km/L)
①市街地16.8km 25.4 30.1
②高速道路35.2km 27.3 28.5
③高速道路&市街地77.6km 25.5 29.1
合計129.6km走行実燃費 26.0 29.1
(参考)ノーマルモード
市街地18.3km
21.3 27.0

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加