トヨタC-HR試乗!ニュルで鍛えた走りで魅了するSUV

トヨタ入魂の走りを追求したコンパクトSUVとして登場するC-HRのご紹介。

C-HRのポイント

  1. コンパクトSUV初30.2km/Lの低燃費
  2. 全車にザックス製ダンパー(前後)を採用
  3. 想像を裏切る後席空間の広さを実現
  4. 1.2Lターボはレギュラーガソリン仕様

C-HRのグレード構成と価格

ユニット グレード JC08モード燃費 価格
1.2Lターボ
(4WD)
S-T
15.4km/L
251万6400円
G-T 277万5600円
1.8Lハイブリッド(FF)
S
30.2km/L
264万6000円
G 290万5200円

12月14日に正式発表が予定されている、TNGAプラットフォーム採用第2弾となる車、C-HRのプロトタイプ試乗会が一足早く行われた。

日本で人気のコンパクトSUV市場に投入するトヨタの意欲作は、11月上旬から予約受注をスタートしたが、早くも納期が2017年3月以降にずれ込むほどの人気だという情報が入っている。

【広告】


C-HRに用意されたパワーユニットは2種類

そんな好調な滑り出しを見せているC-HRだが、用意されたパワーユニットは2種類。

既にプリウスで高い評価を受けている1.8Lのハイブリッドと、オーリスに搭載しているものと同じ1.2Lターボハイブリッドモデルは、30.2km/LというコンパクトSUVとしては最高の燃費数値となっている。

また、ダウンサイジングターボエンジンは、基本的にはオーリスと同じなのだが、オーリスがハイオク仕様だったのに対して、C-HRではレギュラーガソリンを使えるようにチューニングを変更してあるそうだ。

今回トヨタは製造性を考慮したということで、組み合わせる駆動方式を、1.8LハイブリッドはFFのみ、1.2Lターボは4WDのみとかなり絞ってきた。

搭載する4WDシステムは、C-HRでは重量的な問題があり、プリウスで新開発したHV4WD(E-Four)の採用は断念。ハリアーと同じメカ4駆を採用している。

さてそんなC-HRだが、コンパクトSUVでありながら、ニュル24時間レースをはじめ、世界のあらゆる条件の道を走りこむことで、その走りを鍛えた車でもある。

サスペンション形式は、プリウスと同じフロントにマクファーソンストラット、リアにダブルウィッシュボーンという組み合わせだが、サスペンション周りをC-HRに合わせて新たに開発。

前後のダンパーは86などのスポーツモデルで高い評価を受けている、SACHS(ザックス)製を採用している。

さらに、このサスペンションを活かす高いボディ剛性を確保するため、環状骨格構造やボディ接合後に構造用接着剤を用いるという、こだわりを見せている。

デザイン面では、フロントマスクにキーンルックを採用。コーナーに大きく張り出した台形形状のバンパーとすることで「踏ん張り感」を演出。

更にダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディと、大きく張り出したホイールフレアの対比によって、スタンスを広く見せる工夫も凝らされている。

リアドアのハンドルをボディデザインと一体化させ、ルーフラインの後端を下げ、バックドアガラスを傾斜させることで、2ドアクーペのような印象を与えるスタイリングとなっている。

コンパクトSUVで気になる室内空間だが、外観デザインから受ける印象もあり、後席は狭いのでは?という印象を受けるが、180cmの人が乗った状態でも、頭上と膝部に拳半個分のスペースが確保されていた。一般的な体型の人であれば、それほど窮屈感を感じず乗ることができるだろう。

安全装備は衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」と「6エアバッグ」を全車に標準装備。

「ブラインドスポットモニター」と「リアクロストラフィックアラート」などの先進装備も充実している。

【広告】


ライバル達と価格を比較

対抗モデルと言われるホンダヴェゼルやマツダCX-3に比べて、C-HRはどの程度の価格差があるのか比較した。

表を見るとわかるが、C-HRのG、G-Tモデル相当のグレード同士で比較すると、ターボモデルではほぼ同等なのだが、ハイブリッドモデルは10万円~20万円高いことがわかる。

とはいえ、現在(11月18日時点)の受注状況は、ハイブリッド車が半分以上を占め、ガソリン車よりも1か月以上待たされることになるようだ。

C-HR、ジューク、ヴェゼル、CX-3価格比較表

車種 グレード
(駆動方式)
価格
トヨタC-HR(ターボ) G-T(4WD) 277万5600円
トヨタC-HR(ハイブリッド) G(FF) 290万5200円
日産ジューク(ターボ) 16GT FOUR(4WD) 270万円
ホンダヴェゼル
(ハイブリッド)
HYBRID Z・Honda
SENSING(FF)
267万円
マツダCX-3(ディーゼル) XD
Lパッケージ(FF)
280万8000円

C-HR、ジューク、ヴェゼル、CX-3性能比較表

C-HR ジューク ヴェゼル CX-3
グレード G 16GT HYBRID Z XD
全長☓全幅
☓全高(mm)
4360☓1795
☓1550
4135☓1765
☓1570
4295☓1770
☓1605
4060☓1695
☓1525
ホイール
ベース(mm)
2640 2530 2610 2570
エンジン 直4DOHC+
モーター
直4DOHC
ターボ
直4DOHC+
モーター
直4DOHC
ディーゼルターボ
排気量(cc) 1797 1618 1496 1498
最高出力(ps/rpm) 98/5200 190/5600 132/6600 105/4000
最大トルク(kgm/rpm) 14.5/3600 24.5/
1600-5200
15.9/4600 27.5/
1600-2500
モーター出力(ps) 72 29.5
モータートルク(kgm) 16.6 16.3
JC08モード燃費(km/L) 30.2 13.4 23.4 23.0
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加