ハッチバックの名車たち

1970年代の初頭、日本ではホンダのシビックが、ヨーロッパではVWゴルフがFFの2BOXスタイルを採用して、ハッチバック(HB)ブームの基礎を作った。

これを追うように登場し、ヒットしたのが三菱のミラージュだ。そして80年代には使い勝手の良いハッチゲートを装備し、走りも軽快なFF2BOXが世界の主流となっている。

80年代初頭、最も輝きを放ったのはFF方式に転換したマツダのファミリアだ。

mazda-familia-5th-generation01

5代目ファミリア

初代ゴルフを徹底研究して送り出したFFファミリアは、デートカーとしての大成功を収めている。特に人気だったのは、電動サンルーフやラウンジシートなどを標準装備した赤い3ドアHB、1500XGだ。サーフボードを積んだXGが街にも溢れた。

また、ドレスアップブームに火をつけたのも、このファミリアだ。流行に目ざとい若者たちは、まだ認可されていなかったエアロパーツやドアミラーを付けて、目立ち度をアップしていたのである。

カローラとサニーからベストセラーカーの座を奪い、第1回日本カーオブザイヤーに輝いたファミリアに続いて主役となったのはシビックだ。

83年9月に登場した三代目は「ワンダーシビック」のニックネームで、旋風を巻き起こしている。

honda_civic_3rd_generation-1

3代目シビック

好評を博したのは、全高を低く抑え、ロングルーフを採用したスポーティなルックスの3ドアHBだ。進歩的な3バルブに加え、Siには1.6LのDOHC4バルブエンジンを搭載するなど、高性能も売り物だった。

そして87年に登場する第4世代のグランドシビックでは、これがDOHC・VTECへと進化する。

【広告】


パルサーは欧州でも高く評価されていた

トヨタと日産も黙っていない。82年5月、絶好調のファミリアを追い落とすためにカローラⅡとターセル/コルサの三兄弟を送り込んだ。

そして84年秋、スターレットをFF化するとともに、上級2BOXのカローラFXを投入している。フラッグシップはAE86レビン/トレノと同じ1.6Lの4A-GE系DOHCエンジンを積むGTだ。

toyota-corollafxgtlimited

カローラFX

日産はチェリーでFF方式の経験を積み、その後継パルサーは日本だけでなくヨーロッパでも高く評価された。

キャッチフレーズも、そのものズバリの「パルサー・ヨーロッパ」だ。82年4月に登場した二代目にはアルファロメオとの共同作品、ミラノX1もある。エンジンはSOHCだが、ターボを主役とした。

1983-1984_nissan_pulsar_n12_gl_sedan_2008-08-02

2代目パルサー

兄貴分のサニーもファミリアに対抗するため、83年秋にクーペに代えて3ドアHBを投入している。セダンのイメージが強いスバルのレオーネも、79年10月にスイングバックと呼ぶ3ドアHBを仲間に加えている。

いすゞのジェミニも、85年に登場した二代目からFF方式に転じ、スポーティな3ドアHBも設定した。ヨーロッパの街を曲芸走行するテレビCMも話題をまいている。90年代前半まではFFの3ドアモデルを中心とした粋なハッチバックの全盛期だった。

当時CGなんてなかったんですから、これCGじゃないんですよね。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加