2017新車カレンダー国産車(1~3月)

2017年1月

トヨタヴィッツ 1月12日 マイナーチェンジでハイブリッド追加

1月12日にヴィッツがマイナーチェンジを実施し、ハイブリッドモデルが追加される。ハイブリッドアクアなどと同じ1.5L+モーターのハイブリッドシステム。

すでに12月13日より事前予約を開始している。ハイブリッドの追加に伴い、1.5Lガソリンエンジンモデルは廃止となる。

価格はハイブリッドをFが181万9800円、Uが208万7640円でアクアと価格帯がややかぶる。これとは別に、2月にはWRC参戦を記念したTGRモデルを発売予定だ。

ヴィッツハイブリッド予想諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 3885☓1695☓1500
ホイールベース(mm) 2510
車両重量(kg) 1080
エンジン 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1496
最高出力(ps/rpm) 74/4800
最大トルク(kgm/rpm) 11.3/4400
モーター最高出力(ps)/トルク(kgm) 61/17.2
JC08モード燃費(km/L) 40.0
価格 181万9800円~223万7760円

ヴィッツ価格

ハイブリッド車
F 181万9800円
ジュエラ 198万3960円
U 208万7640円
Uスポーツ 223万7760円
ガソリン車
1.0F・Mパッケージ 118万1520円
F 132万5160円
Fスマートストップパッケージ 140万5080円
ジュエラ 147万3120円
ジュエラスマートストップパッケージ 155万3040円
1.3F 148万1760円
ジュエラ 170万3160円
U 179万8200円
Uスポーツパッケージ 195万2640円

【広告】


2017年2月

トヨタプリウスPHV 遅れていたPHV 2月15日デビュー

2016年夏にはプロトタイプの試乗会まで実施していたプリウスPHVだが、2度にわたる発売時期の延期の末、2月15日に正式発表、発売となることが決定した。

発売時期が遅れたのは、主にカーボン製リアゲートの生産準備の問題とのことで、メカニズム的な問題ではない。

標準プリウスと比べてフロントマスクが大きく変更されており、一目でPHVとわかるエクステリア。またリアスタイルもリアコンビランプのデザイン、ハッチゲートの形状などがPHV専用のものとなっている他、インテリアも大型のモニター画面が装着されるなど、標準プリウスとの差別化が図られている。

大容量のリチウムイオンバッテリーの搭載により、EV走行60kmを実現し、先代PHVからは大きく進化した。

すでに事前予約の受付が開始されており、価格も明らかになった。中心グレードのSナビパッケージの価格は366万6600円。

Aナビパッケージは406万6200円で標準プリウスに対し約70万円程度の価格アップ。月販3500台程度を計画していると言うが、立ち上がり期は1店舗あたり月間2台程度の割り当てとなり、納期が長くなりそうな予感。年間1000km走行程度の電力を発電可能なソーラーパネルは一部グレードにオプション装着。

価格

  • S:326万1600円
  • Sナビパッケージ:366万6600円
  • A:380万7000円
  • Aナビパッケージ:406万6200円
  • Aプレミアム:422万2800円

プリウスPHV 予想諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4645☓1760☓1470
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1510
エンジン 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1797
最高出力(ps/rpm) 98/5200
最大トルク(kgm/rpm) 14.5/3600
モーター最高出力(ps) ①72、②31
モータートルク(kgm) ①16.6、②4.1
バッテリー リチウムイオン
タイヤサイズ 195/65R15
EV航続距離(km) 60以上
JC08モード燃費(km/L) 37.0(ハイブリッドモード燃費)
価格 326万1600円~422万2800円

スズキワゴンR ハイブリッド搭載でさらに進化

意欲的なニューモデル開発を推進するスズキだが、屋台骨を支える基幹車種ワゴンRのフルモデルチェンジが2月に予定されている。

最大の注目ポイントはストロングハイブリッドの採用だ。すでにマイルドハイブリッドのSエネチャージが高く評価されているが、11月29日に登場したソリオハイブリッドでデビューした1モーター+1クラッチAGSのストロングハイブリッドを軽自動車にも展開し、JC08モード燃費40km/Lをねらえ、燃費ナンバーワンを獲得するとともに技術的先進性をアピールする。

エクステリアについては標準タイプとカスタムタイプの2タイプをラインアップするのは現行型同様。基本的にはキープコンセプトのモデルチェンジとなる。

  • ソリオで初採用されたAGS+モーターというストロングハイブリッドを軽自動車にも採用する。これによりJC08モード燃費は40km/Lが狙え、燃費性能を大幅にアップ。

ワゴンRハイブリッド予想諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 3395☓1475☓1660
ホイールベース(mm) 2460
車両重量(kg) 750
エンジン 直列3気筒DOHC
排気量(cc) 658
最高出力(ps/rpm) 52/6000
最大トルク(kgm/rpm) 6.4/4000
JC08モード燃費(km/L) 40.0
価格 140万円~

【広告】


2017年3月

LEXUS LC 流麗デザインのラグジュアリークーペ

2016年のデトロイトショーで初公開された、レクサスのラグジュアリークーペ「LC」。パワーユニットは、RC Fなどに搭載される5LのV8エンジンと、3.5L、V6エンジンベースのハイブリッドの二種。

新開発のFRプラットフォームを採用することで、その高い走りの室に注目が集まる期待のモデルだ。3月のデビュー前にスペインで事前試乗が行われた。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加