新型コンパクト2BOX勢はダイハツが苦戦

ダイハツが開発しトヨタにOEM供給している「パッソ」「ルーミー/タンク」が好調に売れている半面、苦戦を強いられているのが本家であるダイハツブランドの「ブーン」「トール」です。

トヨタブランドとボディパネル、エンジンなど基本コンポーネンツを共用しているので、この新型コンパクト2ボックス勢は車としての出来は良いのです。

販売面でも低金利の残価設定クレジットやカーナビなどオプションサービスで買い得感をアピールしているのですが、販売実績はトヨタブランドの10分の1程度に止まっています。

ユーザーは同じモデルなら「トヨタ車の方がアフターケアやリセールバリューの高さで有利」だからダイハツ車よりもトヨタ車を選ぶことになるそうです。

発売直後なのにこうした事態になっているのですから、今後ますます格差が顕著になりそうです。

ただ、ユーザーサイドから見れば、代替え時の条件を考えず、最後まで乗りつぶすつもりなら、割安になるダイハツブランドを買うほうが得とも言えます。

【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。