次期型リーフ、セレナe-POWER、改良型エクストレイル発売予定

次期型リーフは9月発表、12月発売の見通し

日産はフルモデルチェンジする電気自動車の次期型リーフを9月発表、12月発売の方向でスケジュール調整している模様です。

次期型リーフでは、プリウスのようなスタイリッシュなデザインのフォルムを採用。

パワートレインはリチウムイオンバッテリーとモーターの改良で充電後の航続距離を現行の288kmから500kmまで大幅に延長するのが最大のウリです。

夜間、雨天、エアコン作動時でも400km走行が可能で、急速充電も現行モデル並みに30分程度で対応可能と言います。

発表から発売まで3ヶ月のタイムラグがあるのは、この間、予約注文を受け付けることで立ち上がりからスムーズな生産のスタートを目指す狙いがあると思われます。

セレナ e-Powerは今秋発表、来年早々からの発売か

当初、今年夏の8月デビューとみられていた「セレナe-Power」の投入スケジュールは、今秋10月頃の発表、来年早々からの発売という見通しとなっています。

走行性能、静粛性などの最終確認に手間取っているとの情報があり、それが発売時期に影響している模様です。

パワーユニットはノートに搭載している1.2Lガソリンに、容量を若干アップしたモーターとの組み合わせのシステムを搭載するようです。

【広告】


エクストレイル マイナーチェンジ6月8日発表

ミドルサイズSUVカテゴリーにおいて、36.5%という高いシェアを誇る(2016年データ)エクストレイルは6月8日にマイナーチェンジを発表した。

今回のマイナーチェンジでの最大の注目点は、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」の設定(20X、20Xハイブリッドにメーカーオプション)。

アクセル、ブレーキ、ステアリングの全てを自動制御することで、高速道路での渋滞や、長時間の巡航走行の際に感じるストレスを大幅に低減してくれる。

その他20X、20Xハイブリッドには、車線逸脱防止システム「インテリジェントLI」、後退時車両検知警報「RCTA」、ハイとローを自動で切り替える「ハイビームアシスト」が、やはりメーカーオプションで設定され、安全機能は大幅に充実した。

また、ガソリンの20X(2列シート車)には2列目シート200mm のスライド機能&リクライニング機能が追加され、住居性がアップ。

それに伴い、ラゲッジ容量も従来の550Lから565Lへと増やされ、使い勝手も大きく向上している。

外観では日産デザインの象徴である「Vモーション」が拡大され、グリルからエンジンフードへキャラクターラインを連続させることで、よりタフなイメージを演出。

新デザインとなったアルミホイールと相まって、新鮮な印象を与えることに成功した。

空力向上パーツやアクセルオフ時の回生量増加により、20.8km/LというJC08モード燃費を達成したハイブリッド車をはじめ、17年度も全グレードで減税措置が適用される改良型エクストレイル。

ミドルサイズSUVカテゴリーNo.1の座はしばらく譲るつもりはないようだ。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加