ホンダ N-BOX、シャトル、レジェンドの動向

新型N-BOXの予約開始。納期は3ヶ月待ち

ホンダはこのほど8月31日に発表、9月1日に発売する新型N-BOXの予約受注をスタートさせました。

新型の売れ筋は標準タイプ、カスタム共にホンダセンシング付きのG・Lパッケージとなっています。

新型は新開発のパワートレーンや助手席ロングスライド機能を採用し、約100kgの軽量化やクラス最大の居住空間の確保、クオリティアップなどを図るにもかかわらず、車両本体価格はホンダセンシングの上乗せ分を除いて5万円弱の値上げに留めています。

現行モデルは終始軽自動車のトップセラーモデルとして君臨してきましたが、次期型も引き続き同ポジションを維持する構えです。

シャトルマイナーチェンジは9月中旬

ホンダはマイナーチェンジするシャトルを9月中旬に発表、発売する見込みです。

当初8月中旬に発表、9月中旬の発売を予定していたのを、発表日を先送りすることになります。

6月下旬以降7月下旬までフィットやグレイスのマイナーチェンジ、新型シビックの発表とニューモデル投入が相次ぎ、営業サイドの受注活動が立て込みすぎて、販売面での効果を出すのが難しくなっているためと思われます。

改良内容はすでにマイナーチェンジ済みのフィットやグレイスとほぼ同じで、内外装のデザイン変更、安全パッケージ「ホンダセンシング」の標準装備車設定などとなっています。

レジェンドは10月下旬にビッグマイナーチェンジ

ホンダはレジェンドを10月下旬にビックマイナーチェンジする見込みです。

18年モデルへと切り替えるもので、内外装のデザイン変更、新グレード&新ボディカラーを設定するなどして一層商品力を強化します。

フロントマスクはバンパーまで切れ込んだ押し出しの強い大型グリルを採用。

室内はシート&内張りの質感を上げ、高級感をアップさせます。パワーユニットの基本部分は従来通りとなります。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加