新型シエンタの納期がついに来年に持ち越し

トヨタが7月9日にフルモデルチェンジした新型シエンタは依然好調な販売が続いている。9月中旬現在の納期は4ヶ月待ちの来年1月とついに年越しとなりました。累計も6万台を突破し7万台に達した模様です。

新型シエンタ、ついに年越しですか。注文はお早めにということでしたが予想通りの売れ行きですね。これだけ売れたら値引交渉も難しい。そう考えると余計に今の愛車を高く売ることを考えたほうがいいですよね。具体的にはディーラー下取りより中古車屋さんへの売却。カービューの無料一括査定サイトを利用してちょっとでも高く売りましょう!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

トヨタ自動車東日本がフル生産で大忙し

トヨタの生産子会社であるトヨタ自動車東日本が今、フル生産で大忙しの状況にあるそうです。組み立てているシエンタ、カローラフィールダーが売れ行き好調で各工場ともフル生産を続けているそうです。同社は新型シエンタの立ち上げにともなって、カローラフィールダーの生産を宮城大衡工場から岩手工場に移管しました。岩手工場は主力生産車種のアクアにカローラフィールダーが加わったことで多忙に。カローラフィールダーは今年3月末にビッグマイナーチェンジしたことでさらに売れ行きが好調です。今後はアクアも新型になるので当分はフル生産がつづく見通し。こうしたことから同社は期間工を正社員に登用すると同時に、期間工を新規募集するなどして増産に対応しています。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加