JEEPゲレネード VS マツダCX-3

価格がガチンコ勝負!

ここでは、走行性能/駆動方式/安全装備を基準に対決。ただし、300万円縛りとなると、レネゲードはFFモデルのお買い得モデル「オープニングエディション」297万円がおすすめ。一方、CX-3ではXD[4WD]で281万8800円。最上級グレードを除くとすべてが選択肢に。

CX-3、よく売れてますよね。色々比較してもやっぱりいいんですよね。
それで、乗り換えを考えるなら試して欲しいことがあります。
それは、今の愛車を無料一括査定サイトで価格確認すること。
だいたい30万円くらい高く売れるみたいですよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

ジープレネゲードとCX-3の比較

まずは、走行性能から。SUV+ディーゼルエンジンの組み合わせはまさに王道。それだけで見ればCX-3の圧勝かと思われたが、発進時に感じられるDCT特有のもたつきを除けば1.4Lターボ+DCTのレネゲートも十分に渡り合えるたのもしい走りを見せてくれる。また、絶対的な走行性能ではCX-3が上位に来るが、勝因である最大トルク27.5kg(1600~2500回転)が生み出す加速力は時にたくましさが勝り、市街地走行では踏み込んだアクセルペダルを微妙に戻す必要も。これは6速ATモデルに出やすい症状だ。

次に駆動方式。FFモデルしか選べないレネゲードに対し、滑りやすい路面を予測して後輪に駆動力を配分する「i-ACYIVE4WD」が予算におさまるCX-3に軍配。最後に安全装置。こちらも「i-ACTIVESENSE」のCX-3が上位に。レネゲードも車線逸脱警報/前面衝突警報/ブラインドスポットモニターを装着するものの、ミリ波+赤外線+単眼光学式カメラのトリプルセンサーに「ACC」までも装備するCX-3を前に勝負はついた。結論!走行性能は互角、駆動方式と安全装備はCX-3となり2勝1敗でCX-3の勝ち。ただ、トレイルホークが選べれば駆動方式ではレネゲイドが勝ちとなるため、1勝1敗1引き分けとなり両者イーブンだ。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加