プジョー2008 vs 三菱アウトランダー

プジョー2008はプジョー208をベースに開発されたクロスオーバーSUVだ。外観は精悍なSUVルックだが、駆動方式はFFだけの設定となっている。しかも悪路や雪道で走破性能を大きく左右する最低地上高は150mmだ。荒れた路面に踏み込むと無理が効かない。これに対しアウトランダーはFF方式の2WDだけでなくフルタイム4WDを設定した。というより主役は4WDモデルである。最低地上高も余裕たっぷりの190mmを確保した。

アウトランダー売れてますよね。乗り換えようかな~とか思ってます?
今の愛車下取りに出すでしょうけど、どうせならカービューの無料一括査定で
高く売りませんか?驚きの買い取り価格が、なんと相場の30万アップもありとか!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

先進か、オシャレかの対決

オートキャンプやスノボなどアウトドアを中心とした使い方を好む人にはアウトランダーの方が魅力と映るだろう。ボディサイズはプジョー2008の方が小さい。狭い道で扱いやすいし、全高1550mmに抑えているから立体駐車場にも無理なく入れることができる。ただし、最小回転半径はアウトランダーの方が20cm小さく、小回りが利く。

また、プジョー2008は5人乗りだが、アウトランダー2008は7人乗りだ。3列目は広くは無いが、いざというときには重宝する。だが、プジョー2008は居心地がいい。インテリアはシャレたデザインだし、大開口のガラスルーフは開放的だ。ラゲッジルームはプジョー2008も不満のない広さを確保した。フロアはフラットだから重い荷物も積みやすい。

大きく違うのはパワーユニットだ。プジョー2008は、なんと1.2Lの3気筒である。ターボも搭載していないが、軽量ボディのため、思いのほか走りは軽快だ。が、多人数乗車だとアウトランダーの方が余裕ある走りを披露する。

またアウトランダーは誰が乗っても違和感がない。プジョーはシングルクラッチ採用の2ペダルMT、ETG5だ。マニュアルモードは操る楽しさがあって楽しい。万人向けなのはアウトランダー。味わい深さはプジョーだが、誰もが快適な走りを楽しめる。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加