トヨタ86 vs BMW120i vs ミニクーパーS

スポーツモデルに求められる性能といえば「楽しさ」そして「速さ」だ。そしてそれらの性能がより「安く」楽しめるならば、それに越したことはない。日本が誇るリーズナブルなFRスポーツ、「86」をライバルと比較する。

トヨタ86、日本が誇るコスパ抜群のスポーツカーですよね。乗りたい人も多いはず。
どうせなら、お得に乗り換えませんか。方法は簡単。愛車を下取りに出さずに無料一括査定サイトで中古車屋さんに売却すればいいんです。きっと高く売れますよ。
そして、浮いたお金でチューニング!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

各車の概要

●トヨタ86
スバルと共同開発されたFRスポーツ。デビューから3年めに突入したことで、車両の正確も初期のドリフト重視からスタビリティ重視方向へ変化してきている。コストパフォーマンスが高く魅力的な一台。

●BMW120i
コンパクトハッチバック中、唯一FR駆動を採用。3L直6ターボ搭載のM135iや、1.5L直3ターボ(136ps/22.4kgm)を積む118iもあるが、86のライバルとなるのは、1.6Lターボを搭載するこのi120だ。

●ミニクーパーS
3代目となって、ついに3ナンバーサイズになったニューミニ。今回用意した3車のうち、唯一のFFモデルとなるが、2Lターボエンジンを搭載し、最大トルクは3車中最大となる28.6kgmを誇っている。

各車のエンジン

●トヨタ86
スバルのFB20型エンジンにトヨタの直噴技術「D-4S」を組み合わせ、2L NAながら200ps/20.9kgmという出力を発生。そのエンジンをフロントミドに搭載することで、53:47という前後重量配分を実現

●BMW120i
デビュー時は同じ直4、1.6Lターボながら出力の違いでエントリーグレードと分けていたが、現在エントリーグレードは1.5Lの直3ターボが担っているので、直4ターボエンジンを積むのはこの120iのみ

●ミニクーパーS
2Lの直4ターボ搭載で、出力は192ps/28.6kgm。最高出力こそ86に譲るが、総合的に3車中、最もパワフルなエンジンを搭載している。今回用意したモデルは6速AT車だが、6速MT車も用意されている。

トヨタ86GTリミテッド、BMW120i Style、ミニクーパーS比較表

グレード トヨタ86GTリミテッド BMW120i Style ミニクーパーS
全長☓全幅☓全高(mm) 4240☓1775☓1320 4340☓1765☓1440 3860☓1725☓1430
ホイールベース(mm) 2570 2690 2495
車重(kg) 1230 1440 1270
エンジン 水平対向4気筒
1998cc
直4DOHC
1598cc+ターボ
直4DOHC
1998cc+ターボ
最高出力(ps/rpm) 200/7000 177/5000 192/5000
最大トルク(kgm/rpm) 20.9/6400-6600 25.5/1500-4500 28.6/1250-4600
ミッション/駆動方式 6速MT 8速AT 6速AT
JC08モード燃費(km/L) 12.4 16.8 17.6
エコカー減税(取得/重量) 40%減税/25%減税
価格 309万763円 397万円 332万円
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。