プリウス リッター40km/Lの低燃費を実現

パワーユニットは直4、1.8L+モーターのハイブリッドで現行型と同じだが、エンジン、ハイブリッドシステムともに大きく進化している。エンジンは大容量クールドEGRや3倍以上の吸気量を実現した吸気ボードの形状などで、熱効率を38.5%から世界最高レベルの40%に向上。

プリウス、といえば低燃費ですが、ついに40km/Lが実現したんですね~。
すごいの一言です。ここまで来ると少々クルマの値段が高くても燃料費が全然違うので次はプリウスにしようかと言う気にもなりますよね。
それで、もしも今の愛車を売却すなら、無料一括査定サイトがお得。
ディーラーより30万円くらい高く売れるかも。保険代くらい余裕じゃないでしょうか。

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

熱効率40%のエンジンとPCU大幅進化で

ハイブリッドシステムはPCU(パワーコントロールユニット)や高回転モーター、トランスアクスルなどの小型軽量化、損失低減を徹底することで小型化を実現。これによりトランクに配置していた補機バッテリーをエンジンルームに移動し、また、トランスアクスルもPCU真上への配置が可能となり、スペース効率を向上している。

ハイブリッド用バッテリーはリチウムイオン電池とニッケル水素電池をグレードにより使い分ける。ニッケル水素電池も新開発されたもので、10%の小型化と28%の充電性能向上を実現。JC08モード燃費は最も省燃費にふったEグレード(リチウムイオン電池)が40.0km/L(FF車)。また、EVモードで走れる距離は現行型とほぼ同じだが、最高速が70km/hから110km/hに向上している。

●TNGAで作ることでエンジンの搭載位置が大幅に下がった新型プリウス。ラジエターの冷却を必要としない時にシャッターを閉じることで暖気を促進するグリルシャッターも採用。

●低損失素子の採用により約20%の損失低減を果たしたPCU。体積は12.6Lから8.2Lに小型化。

●駆動用バッテリーは小型化することでリアシート後ろから下に移動し、低重心化に貢献。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加