新型レクサスRX 新発売。豪華仕様モデル

新型レクサスRXが10月22日にデビューした。新型はハイブリッド仕様の450hと、2Lターボを積む200tの2タイプ。それぞれに標準、バージョンL、Fスポーツがラインアップされる。駆動方式は標準とバージョンLがFFと4WDの2種類、Fスポーツは4WDになる。

新型の魅力は堂々としたスタイリングにある。ボディの前後を絞り込み、ホイールフレアが大きく張り出した彫刻的な造形と、大型のスピンドルグリルが圧倒的な存在感を主張する。特徴はウィンドウラインをメッキで縁取り、クォーターピラーをブラックアウト処理して、クーペの様なスタイリングを演出したデザイン。

ボディサイズは全長☓全幅☓全高4890☓1895☓17-10mm。旧型と比較して全長は110mm長く、全幅は10mmワイド、全高は20mm高い。ホイールベースは従来比50mm長い2790mm。ポルシェカイエン(同4855☓1940☓1710mm)とオーバーラップするサイズである。

新型のスタイリングを引き締めるのが大径タイヤだ。FスポーツとバージョンLは235/55R20タイヤと20インチアルミ、標準仕様は235/65R18タイヤと18インチアルミの標準装備。アルミホイール形状は全5種類が設定され、バージョンLはタイヤノイズを低減する中空アルミ構造のノイズリダクション式を採用。Fスポーツはダークプレミアム塗装になる。ヘッドランプは全車LEDタイプ。上級車に標準となる3眼フルLED式は、18灯のLEDランプが車両内側から外側に向かって流れるように点灯するシーケンシャルターンシグナルが組み込まれた。

室内は上質感と先進性を表現。低いインパネは水平基調。開放感と良好な視界が提供される。12.3インチワイドディスプレイを全車に、走行速度を表示するフルカラーヘッドアップディスプレイはベースグレード以外に標準装備。シートはFスポーツとバージョンLが本革仕様。後席には新たにシートヒーターと電動リクライニングと格納機能が設定された。荷室容量は、後席使用時で旧型比43.3L広い553Lである。

メカニズムは、ハイブリッド仕様の3.5L V6エンジンが大幅に改良された。筒内直噴と吸気ポート噴射の2つのインジェクターを持つD-4Sシステムを使い、262ps/34.2kgmを発生(13ps/1.9kgm増)。前輪用167ps、後輪用68ps(4WD)のモーターのスペックは従来モデルと同値。新型のJC08モード燃費は18.2km/L(Fスポーツ)。旧型比で1.4km/L改善された。4WD仕様は低μ旋回時制御が付き、操縦安定性を高めた。新搭載の2Lターボ(238ps/35.7kgm)はパワースペックは旧型の自然吸気2.7L(188ps/25.7kgm)を大きくしのぎ、旧型の3.5L・V6(280ps/35.5kgm)に匹敵する。トランスミッションはマニュアルモード付6速AT。JC08モード燃費は11.4km/L(Fスポーツ)。4WDは、駆動力を前後100対0から50対50まで自動制御するダイナミックコントロール式である。

安全装備は、全車にレクサスセーフティシステム・プラスを装備。歩行者検知機能付きプリクラッシュブレーキ、レーンキープアシスト、オートマチックハイビーム、全車速追従型レーダークルーズコントロールがつく。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加