次期型プリウス、納期は早くも来年3月以降になりそう?

12月9日にフルモデルチェンジする次期型プリウスは早くも納期が来年3月以降となるようです。首都圏にあるトヨタ系列店の営業担当者によると、次期型プリウスは納期の混乱を避けるために枠配車になるといいます。各地域にあらかじめ台数を割り当て、それにもとづいて生産販売活動を行う予定です。

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

当初は確実な販売が見込める法人ユーザーを先行させることから、一般ユーザー向けは後回しになり、納期が来年3月以降になる見込み。発表、発売1ヶ月前の11月9日までに価格を決めて同日から事前予約の受付を開始します。その後11月30日に生産開始し、デリバリーするスケジュールとなっています。

プリウスは保有ユーザーが100万人規模に達していると推定され、代替母体が膨大であることから、新型車が発売になれば即座にトップセラーモデルに返り咲くのは間違いなさそうです。当面は国内向けだけで月産15000台規模からスタートすると思われます。

【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。