バハポルタレグレ500 三菱が久々のワークス参戦 トラブルのためクラス19位

三菱が久々にワークス体制でラリーに挑んだ。10月23日から24日にポルトガルで開催された「バハ・ポルタレグレ500」に、三菱はアウトランダーPHEVで出場。ドライバーはダカール・ラリーウィナーの増岡浩、マシン開発および現地での技術支援は三菱のエンジニアが担当するまさにワークス体制での参戦だ。

アウトランダーPHEVは過去3年間、アジアクロスカントリーラリーに出ているが、それは三菱がマシンをプライベーターに提供する形の非ワークス活動。しかし、今回は09年のダカールラリー以来となるワークス体制。ラリーが行われたポルトガルでの注目度はバツグンだった。

バハポルタレグレ500は、FIAクロスカントリーラリー・ワールドカップの1戦に含まれるオフロードラリー。舞台は、スペイン国境に近い東部ポルタレグレ周辺の荒野で、路面はクロスカントリーラリーとしては比較的フラットだが、ジャンプや河渡りなどタフな区間も多い。2日間で4ステージを行い、計502kmを走行するスプリント志向の強い1戦だ。

アウトランダーPHEVは、市販車をベースに外装、ボディ、足回り、パワーユニットを競技用に改造したもの。基本的な仕様は今年のアジアクロスカントリーラリーに出場したマシンと同一だが、アジアで発生した問題点を解決するための改良がほどこされた。

チューンドPHEVが対面する最大の問題は、モーターの熱で温度が上がりすぎるとシステム保護のためセーフモードに入り、パワーダウンしたり、ストップすること。そのためバハ・ポルタレグレ仕様ではモーターの温度上昇性抑制のためオイルクーラーが装着されていた。

そのアウトランダーPHEVは、増岡のドライブでラリー開始から絶好調。FIAクラスにはEVのカテゴリーがないためナショナル(国内)クラスでの出場となったが、SS1で増岡はいきなりクラス2番手タイムを記録。SS2でも3番手タイムを刻み、初日をクラス3位で終えた。

そして、競技2日目も絶好調なスタートを切ったが、58km地点でマシンがストップ。トラブルの原因は小さなヒューズで、それを交換するとマシンは復活し、増岡は最終のSS4に復帰。クラス2位のタイムを刻んだ。途中の未走行区間に対し7時間が加算されたため結果はクラス19位に終わったが、それさえなければ2位は可能だっただろう。戦った相手が大排気量ハイパワーのレース専用マシンだった事を考えると、乗用車ベースのPHEVで増岡は大検討したと言える。

増岡は「トラブルは残念でしたが、マシンは想像していた以上に速かった。今回は三菱にとって久々のラリーでしたが、非常に多くの技術的な収穫があった。様々な路面を走るラリーは、最高の実験の場であることを再確認しました。来年もこの活動を続け、さらに拡大できればと個人的には思います」とコメント。誰もが気になるダカールラリー復帰に関しては「まだそういう事を考える時期ではなく、具体的な計画もありませんが、現在のような技術開発や改良を積み重ねていけば、いつかは実現できるかもしれないですね」と将来に希望を感じさせる言葉を口にした。

「バハ・ポルタレグレ500」三菱の参戦体制と戦績

・ドライバー:増岡浩(監督兼任)
・コ・ドライバー:パスカル・メモン
・マシン:アウトランダーPHEVラリーカー
・戦績:総合47位(48台中)、クラス19位(20台中)
・タイム:11時間45分47秒00

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加