「 新車情報com 」一覧

NO IMAGE

レクサスUXとスープラの販売予定

レクサス初のコンパクトSUV来年冬デビュー! 残念ながら東京モーターショーで公開されなかったレクサスUX。 プラットフォームはトヨタのC-HRと共用するが、UXはC-HRの姉妹車ではない別のレクサス初のコンパクトSUVとして来年冬に登場する。 搭載されるパワートレインは、新開発となる2Lと2.5Lのガソリンエンジン、それに2.5Lハイブリッドになる模様。 C-HRの1.8Lハイ...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ 次期ジムニー 本格的クロカン性能を継承 シエラも一新

欧州ではテスト走行の様子が撮影されていたこともあり、今回の東京モーターショーでコンセプトモデルがお披露目されるかと思われた次期型ジムニー。 残念ながら出展されなかったが、開発は順調に進んでいるという。 その次期モデルのエクステリアデザインは、現行型よりも全体的にスクエアなフォルムへと変身。 ベンツGクラスのようなクロカン4WDテイストがより強調される。 中身の方もジムニーら...

記事を読む

NO IMAGE

三菱次期型デリカD:5は日産共用プラットフォームに新型PHEV搭載!

三菱自動車は10月18日、19年度の世界販売台数、売上高とともに30%以上伸ばすことなどを盛り込んだ、17年度から3カ年の中期経営計画を発表。 この計画は新型車の投入も予定したもので、計画の期間中にグローバルで改良モデルを含めて全11車種を投入すると説明。 もちろん日本国内の商品投入計画も重視され、その中の目玉となるのが次期型のデリカD::5だ。 現行型のデリカD:5はデビューか...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタカローラがスポーティに生まれ変わる!オーリスには4WDターボも

誕生から50周年を昨年迎え、先月11日にマイナーチェンジを受けたばかりのカローラだが、12代目モデルとなる次期型のキーワードは「原点回帰」。 次期型カローラの開発担当者もベーシックな部分は手堅くおさえながらスポーティさを盛り込んでいるのだという。 現行型ではヴィッツと同じBプラットフォームを採用し、これまでカローラは5ナンバーサイズを堅持してきたのだが、次期型ではいよいよ全幅1700m...

記事を読む

NO IMAGE

日産 NISMOモデル投入予定情報

日産が昨年のノートから進めているe-POWER戦略を日産車全体の方向性とするならば、もうひとつ大きな柱となるのがスポーツモデルの方向性。 それはもちろん、NISMOモデル戦略のことを指している。 東京モーターショーでは新たに新型リーフに早くもNISMOモデルのコンセプトがワールドプレミアされたほか、同じくセレナNISMOも出展された。 現在、日産車にNISMOが設定されているのは...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ ウェイク、アトレー、ハイゼット、ブーン、トールのマイナーチェンジ

11月中にウェイク、アトレー、ハイゼットをマイナーチェンジ ダイハツは11月にウェイク、アトレー、ハイゼットをマイナーチェンジして、安全パッケージ「スマートアシストⅢ」の標準装備車を設定します。 その改良型の発売日は11月12日にアトレーとハイゼット、11月30日にウェイクとなっています。 マイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更、新グレード&新ボディーカラーの設定などで商...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタオーリス、FJクルーザー、アルファード/ヴェルファイア情報

次期型オーリスはカローラ店を加えた3系列店で併売 18年中盤番にもフルモデルチェンジする予定の次期型をオーリスは従来のトヨペット店、ネッツ店併売から、新たにカローラ店を加えた3系列店扱いとなる見込みです。 次期型はトヨタの次世代車作りの考え方であるTNGAを採用します。 パワートレインは1.8Lハイブリッド、ガソリン1.5L&1.8L、1.2Lダウンサイジングターボを搭載。 ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ・レクサス新車2018~2020年予定情報

トヨタの新車情報です。 トヨタ車 2018年 1月: アルファード/ヴェルファイア 1月にビッグマイナーチェンジ。 両車とも標準モデルとエアロモデルが設定される。 最高出力は300psオーバーか? トヨタセーフティセンスP標準装備。 渋滞でのイージードライブ実現。 春: 新型カローラ 12代目カローラは3ナンバーでスポーティに。 ...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ スマートアシストⅢを全車に装備予定

ダイハツは18年中に全乗用車に「スマートアシストⅢ」を装備 ダイハツは18年中にも全乗用車に、最新安全パッケージ「スマートアシストⅢ」を標準装備する方向で開発を進めています。 昨年11月にタントをそれまでのⅡからⅢに進化させたのを皮切りに、今年5月はフルモデルチェンジした新型ミライース、8月はムーブ、9月はムーヴキャンバスへとスマートアシストⅢの採用を広げています。 残るは軽自動車の...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ2018年ニューモデルとオデッセイマイナーチェンジ

ホンダが18年に投入するニューモデル ホンダは18年春から夏に投入のニューモデルとして、ハイブリッド専用小型車、次期型CR-V、新型PHV、新型軽商用車を中心に展開する方向で開発を進めています。 来春トップを切ってデビューするのは軽キャブワゴンであるバモス/バモスホビオの後継モデルです。 Nシリーズの商用車バージョンとして、新開発のプラットフォーム&基本コンポーネントを採用し...

記事を読む

NO IMAGE

新型リーフとノートクロスギアの販売状況

新型リーフは車両本体からの値引きゼロでスタート 10月2日に発売した新型リーフは好調なスタートを切っているものの、展示車や試乗車のデリバリーは遅れています。 また、ナビ、ETCを装着しても車両本体からの値引きはゼロと、強気の商売をしている日産系列店が多いようです。 ただし、充電設備費用10万円サービスを実施していて、これによって値引きゼロをカバーしています。 納期は10月上旬現...

記事を読む

NO IMAGE

新型ポロはゴルフを超えたか?来年夏日本導入

VWにとっては新興国を含めた世界のマーケットで礎を築く中核車種と位置づけられるポロ。 ここ日本でも月100台前後をコンスタントに売るなど、コンパクトカーの標準的な選択肢となっている。 そのポロが8年ぶりのフルモデルチェンジを受け、来年前半にも上陸する。 日本のユーザーが最も注目するところはそのサイズかもしれない。 これまでのポロは基本設計年次の旧さもあってか寸法的には現行フ...

記事を読む

NO IMAGE

東京モーターショーに出展する商用車一覧

東京モーターショーの見どころの一つに、バス&トラックなどの商用車メーカーのブースだけをかけ足で回ってビッグサイトを後にしてしまっては、本当にもったいないので、是非とも商用車メーカーのブースをじっくりと見ていただきたい。 何しろバスやトラックといった大型車両や、特殊な用途に使われる車両など、普段は外側しかからしか見ることができない車両を間近で見ることができ、ものによっては運転席に座るこ...

記事を読む

NO IMAGE

メーカー直系スポーツモデル一覧

現在メーカー本体が主導して直系ワークスチューニングブランドとして存在しているのはトヨタの「GR」、日産の「NISMO」、そしてスバルの「STI」の3ブランドだ。 NISMOは元々日産のモータースポーツ部門が子会社として独立した「ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル」の略称。 NISMOブランドはモータースポーツファン、さらに80年代からの日産車ファンには根強い支持を得ていた一...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダスパーダ ついにハイブリッド登場!

今回マイナーチェンジとなったステップワゴンは「スパーダ」全面押しである。 現行モデル登場から3年経過。 ハイブリッド搭載なしの1.5Lターボで善戦する中、ステップワゴン標準車とスパーダの販売比率は2対8ほどと圧倒的にスパーダの方が高い。 ならば、その流れで強烈にプッシュすべしと、標準車はわずかな変更に留め、スパーダを大胆にチェンジ。 変身した顔につい目がいくが、注目は待望の...

記事を読む

NO IMAGE

三菱RVR 10月5日発売!さらに安全によりタフに

深いグレーにオレンジ色のアクセント。 スタイリッシュなタフさが滲み出る。 デリカD:5、アウトランダーで好評を博す三菱の「ACTIVE GEAR」シリーズにRVRが加わった。 そのベースとなるのは一部改良となった新RVRだ。 今年2月のマイナーチェンジで、ダイナミックシールドを新採用した顔で精悍さが増したRVR。 今回の一部改良ではフロントバンパーとリアグリルのデザイ...

記事を読む

NO IMAGE

アルファード激変!ビッグマイナーチェンジ

Lクラスミニバン界における無敵の帝王、アルファード/ヴェルファイア。 三代目モデルは2015年に登場したが、デビュー後初となるマイナーチェンジを、来年1月に受ける。 今回のマイナーチェンジでの大きなポイントは2つ。 外装の変更と先進安全装備の充実だ。 アルファード、ヴェルファイアとも、フロントグリルや前後バンパーデザインなどに変更を受ける。 特に大きく変わるのがアルフ...

記事を読む

NO IMAGE

EVシー・エー・スピリット設立 ロータリー復活はレンジエクステンダーか?

トヨタとマツダ、そしてデンソーが9月28日、EVの開発を手掛ける新会社「EVシーエースピリット」の設立を発表した。 トヨタとマツダは8月にも互いに500億円を出し合って資本提携を発表。 EVの共同開発などで合意していたが、新会社はトヨタが90%を出資し、マツダとデンソーが各5%を出資する。 インバーターなどの部品に強いデンソーも加わっての新会社設立により、EV開発が飛躍的に進むこ...

記事を読む

NO IMAGE

レクサス低調試練の時期か?新規モデル投入で巻き返しか?

レクサス試練の時期に 国内販売でライバルのベンツ、BMW、アウディが堅調な増加を続けるなか、レクサスの低調ぶりが目立っています。 1月~8月の登録実績は2万7325台で前年同期に比べて24.4%もの大幅なマイナス。 8月単月では41%も激減しています。 これは、これまでの稼ぎ頭だったLS、RX、CT200hなどのモデルが古くなり、需要一巡期に入っているのと、これに代わるニューモ...

記事を読む

NO IMAGE

クラウンマジェスタは廃止、カローラシリーズは改良

クラウンマジェスタモデル廃止へ トヨタは18年6月にクラウンをフルモデルチェンジしますが、その際、上級バージョンとして設定していた「クラウンマジェスタ」を廃止する方向で検討しています。 同ユーザーは今後レクサスブランドへの吸収を図ります。 トヨタは、2~3年以内にセダンラインアップの再編を目指しています。 継続するのはクラウン、カムリ、カローラの3モデルで、現行型のプレミオ/ア...

記事を読む

NO IMAGE

レンジローバーヴェラール 次世代を体現した前年モデル上陸

伝統的なクラムシェル型のボンネット、遠目に見たエクステリアはいかにもレンジローバー。 しかし、近寄るとなんだか小柄。 レンジローバーの新型VELAR(ヴェラール)はプラットフォームをジャガーFペースと共用するミドルサイズのクロスオーバーだ。 車格の位置づけとしては、レンジローバースポーツとイヴォークの中間サイズだ。 フロントマスクで特徴的なのは、LEDを採用したヘッドライト...

記事を読む

NO IMAGE

ランドクルーザープラドマイナーチェンジ ワイルド感アップ!

海外の過酷な環境で鍛えられ、世界中で高い信頼を得ている本格4WD、ランドクルーザープラド。 現行型は09年に登場し、13年に一度マイナーチェンジをしているが、デビューから8年を迎えて2度目のマイナーチェンジが実施された。 今回のマイナーチェンジの内容は、内外装のデザイン変更と安全性の強化がポイントだ。 外観は、フロント周りではヘッドランプとグリルがよりシャープなデザインになり、ボ...

記事を読む

トヨタハイラックス タイから直輸入13年ぶりの復活!

トヨタハイラックス タイから直輸入13年ぶりの復活!

※ウィキペディアより 90年代のRVブームを盛り上げたものの、 04年からは海外でしか販売されていなかったハイラックスが13年ぶりに日本に帰ってきた。 初代ハイラックスの誕生は68年。 49年の歴史を持つピックアップトラックで、 今回発売されたのは15年5月にフルモデルチェンジした8代目。 その現行モデルは世界約180カ国の地域で、年間約50万台を販売。 ...

記事を読む

NO IMAGE

マツダCX-8発売日は12月14日!初の3列シートSUV

マツダのクロスオーバーSUVのフラッグシップかつ、同社国内初となる3列シートSUV、CX-8が9月14日ついにデビュー。 同日から予約受注を開始し、発売は12月14日から。 月間目標販売台数は1200台としている。 マツダといえば、「魂動」デザインを採用し、12年に登場した先代CX-5から新世代商品群がスタート。 15年に登場したCX-3、今年デビューの現行CX-5とSUV...

記事を読む

NO IMAGE

スズキスイフトスポーツ 9月20日発売

2003年、初代モデルがJWRC参戦車をイメージしたコンパクトスポーツとして誕生。 手軽でありながら本格的な走りのホットハッチとして、二代目、三代目へとモデルチェンジを重ねて日本を代表するホットハッチへと成長したスイフトスポーツ。 そして、先代モデルの登場から6年を迎え、ファン大注目のスイフトスポーツが4代目と一新した。 まさに正統派のスポーツハッチであるスイスポ。 その新...

記事を読む

NO IMAGE

スバル次期WRX STIはヴィジヴパフォーマンス?

スバルは、今年10月25日から開催される東京モーターショーの出展モデルをついに明らかにした。 今回の出展車両は全部で7台。 その中でも最大の注目は世界初公開となるコンセプトカーの「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」だ。 スバルは、このヴィジヴ パフォーマンス コンセプトを「安心で愉しい車作りの将来ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトモデル」と説明。 次期...

記事を読む

ホンダ新型N-BOXはヒット?オデッセイマイナーチェンジは?

ホンダ新型N-BOXはヒット?オデッセイマイナーチェンジは?

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 新型N-BOXはヒットモデルになれるか? ホンダが9月1日に発売した新型N-BOXがヒットか、それとも今一歩か、評価が微妙な状況にあります。 月間計画1万5000台に設定したのに対して、事前約1ヶ月の受注台数は2万5000台でした。 この数字だけを見ると「好調な滑り出しでヒット作の予感がする」ということになります。...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタプレミオ/アリオン、次期型クラウンの今後

プレミオ/アリオンは生き残れるか トヨタの主力セダンである「プレミオ/アリオン」の次期型は存在しない可能性が強まっています。 現行シリーズの登場は07年6月であり、既に10年が経過しました。 1年前の6月にビッグマイナーチェンジを実施しましたが、それ以降の手直しはありません。 関係筋によると「次期型の開発プロジェクトは動いておらず、あと1回程度のマイナーチェンジを実施したあと、...

記事を読む

NO IMAGE

スバルハイブリッド技術は新型フォレスターで登場 東京モーターショー

前回の東京モーターショーに出展されたヴィジヴコンセプトが今回の東京モーターショーで新型フォレスターとしてスバルブースの注目の1台となる。 基本となるのは現行型インプレッサから採用された新開発プラットフォームSGP。 幅広い車種展開を念頭に開発されたプラットフォームで、最低地上高の高いフォレスターへの展開も当初から予定されており、ダブルウィッシュボーンリアサスペンションも取り付け位置が高...

記事を読む

新型N-BOXは中身がすごい

新型N-BOXは中身がすごい

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 日本にベストな乗り物を創造する、と言う意志のもと、新型Nシリーズを開発したホンダ。 従来型N-BOXはその第一弾として2011年に登場し、その広い室内や使い勝手の良さで、ベストセラーモデルとなったのはご存知の通り。 そんなN-BOXの新型が8月31日、ついに姿を現した。 「全ての領域で性能を向上させた」と言...

記事を読む

NO IMAGE

新型リーフ航続距離400km達成!10月2日発売

日産リーフが満を持してフルモデルチェンジ。大幅な進化を果たした。 最先端の大容量リチウムイオンバッテリーにより、航続距離400km(IC08モード)を達成。 10年の初代デビュー時に24kWh、15年のマイナーチェンジで30kWhを追加したバッテリー容量は、この2代目で40kWhとなり、航続距離は初代の最初期型に対して何と2倍に。 インバーターも高出力化して、モーターパワーは従来...

記事を読む

ハイラックス、ランドクルーザープラド、レクサス、新車情報

ハイラックス、ランドクルーザープラド、レクサス、新車情報

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 トヨタハイラックス 2.4Lディーゼルで日本復活 9月12日にはハイラックスがピックアップトラックで13年ぶりに復活。 今回発売されるのは15年5月にタイで発売発表された8代目で、タイからの輸入モデル。 ボディタイプはダブルキャブピックアップのみで、ボディサイズは全長が5メートルを超え、全幅は1.8m以上に達する。...

記事を読む

CX-3は急回復、プレマシー、ビアンテは年内生産終了

CX-3は急回復、プレマシー、ビアンテは年内生産終了

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 CX-3がガソリン車の追加で販売が急回復 6月28日、CX-3にガソリン2L車を加えたことで、同シリーズの販売が急増状態にあります。 受注ピッチが前年実績に対して50%以上の増加となっています。 これまでのCX-3のラインアップは1.5Lターボエンジン搭載のクリーンディーゼル車のみで、性能的には問題はありませんでし...

記事を読む

トヨタカローラ、カムリの動向

トヨタカローラ、カムリの動向

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 10月11日、カローラがマイナーチェンジして上級シフト トヨタはカローラシリーズを10月11日にマイナーチェンジし、装備を充実させて上級シフトします。 Gタイプなどの上級グレードは、LEDヘッドランプ、クルーズコントロール、プッシュスタートボタンなどを標準装備し、これまでオプションで設定していた装備を標準化するグ...

記事を読む

ホンダ CR-Z後継スポーツコンセプト

ホンダ CR-Z後継スポーツコンセプト

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 ホンダ隠し球のスポーツカーがサプライズデビュー ホンダは東京モーターショーで「ホンダらしさ」をアピールしたいとしている。 では「ホンダらしさ」とは? 世代によってイメージに差異はあろうが、車好きであればホンダ=スポーツと言う図式に異論は無いだろう。 前々回の東京モーターショーでホンダはS660へとつな...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3 4 33