「 いすゞ 」一覧

ハッチバックの名車たち

ハッチバックの名車たち

1970年代の初頭、日本ではホンダのシビックが、ヨーロッパではVWゴルフがFFの2BOXスタイルを採用して、ハッチバック(HB)ブームの基礎を作った。 これを追うように登場し、ヒットしたのが三菱のミラージュだ。そして80年代には使い勝手の良いハッチゲートを装備し、走りも軽快なFF2BOXが世界の主流となっている。 80年代初頭、最も輝きを放ったのはFF方式に転換したマツダのファミリアだ...

記事を読む

NO IMAGE

2tトラックはどれがいい?HVも自動ブレーキもあり!

日本のトラック市場で最多販売台数を誇るクラスが一般的に2トントラックとも呼ばれる小型トラックだ。その数は4ナンバーの小型貨物車と1ナンバーの普通貨物車を合わせた15年の実績値で13万台近い。2トントラックは積載重量2トン以下(車両総重量5トン以下)の車両であることから、多くの場合は普通自動車免許を取得している18歳以上であれば運転することが可能(17年6月17日までに施行される準中型自動車免許の導...

記事を読む

NO IMAGE

117クーペやスープラは日本に何台残っているのか?

残念ながら生産終了になってしまった、旧車と呼ばれる貴重な車達。人は数が少なくなったと知ると、より愛着を感じて、少しでも永らえようとするものだが、車の本質は床の間の飾り、博物館で展示されることではなく、ナンバーをつけて走ること。ということで、現在も走れる旧車と、旧車予備軍の登録車は何台あるのか?スポーツカーの残存台数を追った! ●多い車種では8割減少!絶版スポーツの残存台数が判明! ほとんど...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。