「 クラウン 」一覧

NO IMAGE

トヨタ マイナーチェンジ、特別仕様車を続々発表

来夏発売の次期型カローラは3ナンバーサイズに拡大 来夏に国内投入予定の次期型カローラは、全幅が1720mm程度の3ナンバーサイズに拡大するとのことです。 カローラの歴代モデルは世代交代ごとにサイズアップしてきましたが、いずれも5ナンバーサイズを維持していました。 しかし、マーケットニーズがナンバーに関係なく形成されるように変化していることから、トヨタとしてもグローバルのサイズトレンド...

記事を読む

NO IMAGE

レクサス車とトヨタ車の違い!具体的になにがどう違うのか?

トヨタ車とレクサス車。同じトヨタが手がける車だが、プレミアムセグメントとしてより上級なポジションを担うのがレクサスだというのはわかるが、両車は具体的にどこがどう違うのか。同じプラットフォームやエンジンを採用した両車の例から探っていく。 レクサスGSとクラウンに見るそもそもの違い 両車を比べると、共通点と相違点が混在する。まずはプラットフォームだが、ボディの底辺部分は共通性が高い。ホイールベース...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ新型車!新型クラウン、新型プリウスPHV、C-HR

次期型クラウン発売は18年6月に先送り トヨタ販売店筋によると、今年末を予定していたクラウンのフルモデルチェンジは、半年後の18年6月に先送りされたようです。 上級バージョンのクラウンマジェスタについても同時一新の予定でしたが、1年後の19年中盤に延期となった模様です。 基本的な車作りのコンセプトに変更はありませんが、フロント周りを中心としたエクステリアデザインの練り直しが必要との判...

記事を読む

NO IMAGE

15代目クラウンはどう変わるのか?

いつの時代も車好きの話題は「クラウンはどう変わるのか」だった時に未来的に、時には保守的に。日本の「うねり」を車に投影してきたと言っていいのかもしれない。世界が大きく変わろうとしている現代に生まれるクラウンは? 「いつかはクラウン」と、今でも思っているトヨタファンはずいぶん少なくなってしまったかもしれないが、トヨタというメーカーにとって、クラウンは相変わらず精神的支柱であり、トヨタの技術力、商...

記事を読む

NO IMAGE

クラウンとレクサス 次期型はどう変わるのか?

日本車の頂点と言ってもジャンルごとに色々浮かんでくるだろう。アメリカ開発とはいえ2016年に発表されたホンダNSXも日本の誇るスーパースポーツだし、日産GT-Rもしかり。スポーツモデルだけではなく、高級車として認知されている「頂点」も当然ある。 いま、世界が注目している、1月のデトロイトショーで公開されるレクサスLSもその1台。そしてもう1台は、もちろんクラウンだ。1955年に登場し、現行モ...

記事を読む

NO IMAGE

クラウンが17年12月にフルモデルチェンジ

トヨタはクラウンを17年12月にフルモデルチェンジする見通しです。現行モデルの登場が12年12月25日であるから、5年ぶりの世代交代となります。 エクステリアデザインはキープコンセプトですが、次世代トヨタの車作りの考え方である「TNGA」を採用することで、低重心を中心とした走り&クオリティのポテンシャルの高さを最大限に盛り込みます。 パワートレーンは2.5LのNA&ハイ...

記事を読む

NO IMAGE

昭和のライバル対決 クラウンvsセドリック/グロリア

71年、クラウンは4代目とフルモデルチェンジした。スピンドルシェイプと名付けられたその4代目のスタイルは大不評。わずか3年半で5代目にフルチェンジした。この間、クラウンはライバルのセドリック/グロリアに大きく水をあけられてしまった。 何しろセドリック/グロリアは2ドアと4ドアのピラーレスハードトップ、それに4ドアセダンを用意。特にパーソナルユースで人気のハードトップの車種揃えを充実させ、販売...

記事を読む

トヨタクラウンのおすすめグレードについて

トヨタクラウンのおすすめグレードについて

14代目トヨタクラウンは2012年12月25日登場。2016年5月販売台数は1760台となっています。 グレード別販売構成比 ハイブリッドロイヤルサルーン:46.0% ハイブリッドアスリートS:42.0% アスリートS-T:19.0% ハイブリッドロイヤルサルーンG:17.0% ハイブリッドアスリートG:15.0% By Mytho88 - 投稿者自身...

記事を読む

8月29日、クラウンを一部改良、クラウン&マジェスタに特別仕様車を設定

8月29日、クラウンを一部改良、クラウン&マジェスタに特別仕様車を設定

トヨタは8月29日、クラウンを一部改良すると同時にクラウン&クラウンマジェスタに特別仕様車を設定します。 一部改良は安全装備のプリクラッシュセーフティに変えて、最新予防安全パッケージの「トヨタセーフティセンスC」を標準装備します。 特別仕様車はトヨタ店の創立70周年を記念したモデルで、フロントグリル周りにメッキ加飾、本皮シートを装備するなどの特別仕立てとなります。

記事を読む

NO IMAGE

覆面パトカーの見分け方!車種や特徴は?

現在主流の交通取り締まり用覆面パトカーといえば、圧倒的多数派で200系クラウン。大きなフロントグリルになった現行車型ではなく、一つ前のモデルである。一般道、高速道路をともに最前線で活動する覆面パトは、その多くが200系クラウンと言っても過言ではない状況となっている。 最新の「形態」はフロントグリル内に小型のLED式全面警光灯がビルトインされており、消灯時にはまず見えない。一方後ろ姿はというと...

記事を読む

NO IMAGE

クラウンマイチェンで大変身!2Lターボの実力

クラウンが10月1日のマイチェンで大きく進化をとげた。最大のアピールポイントはアスリートに搭載された直42Lターボだが、実はボディ剛性のアップやサスペンションの見直しなど、見えない部分も大きく進化しているのだ。新型クラウンを買うのなら2Lターボがいいのか、それともハイブリッドなのか。 クラウン、マイナーチェンジ。走りはターボ、燃費はハイブリッドという感じですね。 どちらに乗るにしても、今の...

記事を読む

NO IMAGE

クラウン10月1日参戦 2Lターボセダン戦線に・・・

ライバルモデルが海外市場を睨み次第に肥大化していくなか、日本専用開発車として、常に日本人に寄り添いけてきたクラウン。2012年12月に登場した14代目モデルも、全幅を車格を考えれば控えめな1800mmに抑えるなど、日本の道での使い勝手を考慮したボディサイズが与えられている。その14代目クラウンが10月1日にマイナーチェンジを受ける。内外装の変更の他、ブッシュ&アブソーバーの最適化と言ったサスペンシ...

記事を読む

NO IMAGE

クラウンアスリート-TはIS200tとここが違う

10月1日に予定されているクラウンシリーズのマイナーチェンジでアスリートシリーズに今回のレクサスIS200tにも搭載される8AR-FTS型2L直列4気筒ターボエンジン搭載モデル「2.0アスリート-T」が設定される。 いつかはクラウンと思ってたんですが、このコピー1983年のもの。なんと30年以上前! でも、今でも最後に乗るクルマだと思ってる人は多いはず。 そして、買い換える時は今の愛車は...

記事を読む

NO IMAGE

クラウン 9月一杯は新旧両モデルの併売状態に

クラウンは10月1日にマイナーチェンジしますが、従来モデルは8月末現在でもオーダーストップしておらず、引き続き見込み生産を継続しています。9月に入ると新型のオーダーも受け付けるため、9月いっぱいは新旧両モデルの併売状態になりそうです。アスリートは従来のV6、2.5Lに代わり2Lターボモデルとなりますが、ロイヤルは2.5lが継続となるので、従来モデルを35万円以上の大幅値引きでゲットした方がお得にな...

記事を読む

NO IMAGE

これから出てくる注目の2Lターボ搭載車

今再び2Lターボ時代が到来する予感だがその期待のNEWモデルがこれから続々とデビューに向けてスタンバイ中。まずはクラウン。10月1日にビッグチェンジが実施され、これに際しアスリート系に直列4気筒2Lターボ(8AR-FTS)を搭載するモデルが設定される。このエンジンはすでに販売を開始しているレクサスIS200tと同じ形式だが、最高出力は10ps低い235psとなっており、IS200tよりも低中速のト...

記事を読む

NO IMAGE

クラウンにターボ復活

●クラウンが10月1日に大幅刷新!ボディ剛性もアップ!アスリートに2Lターボ8AR-FTS設定で燃費は13.4km/L。 2012年に登場した14代目となるS210系クラウン。大胆なフロントマスクが印象的。このS210系クラウンの大きなトピックだったのが、ハイブリッドをダウンサイジングして、従来の「3.5L、V6ハイブリッド」から、「2.5Lの直列4気筒エンジンハイブリッドから、より燃費コン...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。