「 コンパクト 」一覧

NO IMAGE

コンパクトクラスSUVの狙い目!車種別ランク

20年近く前、世界有数のマーケティング会社が、「今後SUVは成長を続ける」と分析していたが、まさにそれが当たり、世界の車界は以来SUVブームが続いている。 今では各社がラインアップの中にSUVを用意するのはもちろん、あのランボルギーニもSUVを18年ラインナップに加えるという。 そして嬉しいのは、そんなSUV市場は裾野が広がり、低価格の車もしっかり用意されていること。SUVに初めて乗り...

記事を読む

NO IMAGE

ヴィッツハイブリッドの走りは?燃費は?進化している?

ヴィッツハイブリッド!ハイブリッド搭載だけではなく全体的に進化している 実はヴィッツハイブリッドで走り出せば、アクアと大きな違いを感じるものではない。それはそうだ。1.5LエンジンのTHSⅡはアクアやシエンタに搭載されるものとパワースペックは同じ。 車重にしてもアクアの1080kgに対しヴィッツハイブリッドは1110kgと僅か30kg差なので動力性能面での「違い」を感じることはない。そうい...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクトカー最新カタログ!200万円で買えて燃費もいい

3月は車の買い替え時。税金が安いということで人気の高かった軽自動車に2016年異変が起こった。税金体系の見直しだ。そこで再注目したいのがコンパクトカークラスの経済性。しかも軽より広く、走りも快適。今、車を買うならコン、パクトカーが狙い目だ。 新車販売については、残念ながら2016年の新車販売台数は500万台終わったというニュース。これは新車販売台数が約421万台に落ち込んだ東日本大震災の20...

記事を読む

NO IMAGE

新型コンパクト2BOX勢はダイハツが苦戦

ダイハツが開発しトヨタにOEM供給している「パッソ」「ルーミー/タンク」が好調に売れている半面、苦戦を強いられているのが本家であるダイハツブランドの「ブーン」「トール」です。 トヨタブランドとボディパネル、エンジンなど基本コンポーネンツを共用しているので、この新型コンパクト2ボックス勢は車としての出来は良いのです。 販売面でも低金利の残価設定クレジットやカーナビなどオプションサービスで...

記事を読む

NO IMAGE

タンク、ルーミー、ジャスティ、トール。コンパクトトール2BOX詳細

11月9日、トヨタ、スバル、ダイハツから新たなコンパクトトール2ボックスが発売される。このモデルはダイハツが開発・生産し、トヨタ、スバルにOEM供給されるものだが、その詳細がわかった。 車名はトヨペット店&ネッツ店扱いモデルが「タンク」、トヨタ店&カローラ店のものが「ルーミー」、ダイハツが「トール」、スバルで販売するものは「ジャスティ」となる。4ブランド6系列店での扱いだ。 この4兄弟...

記事を読む

NO IMAGE

新型トゥインゴ フランス流コンパクトカーの真髄

ルノーの新コンパクトモデル、トゥインゴは従来のFF方式を刷新。リアにエンジンを積み、リアタイヤを駆動するRR方式となった。 その効果は絶大。フロントシートの足元は広々とし、ステアリング切れ角も増大。最小回転半径は4.3mと、かなり狭い道でも軽々とUターンすることが可能となった。 最近、世間の車はどんどん幅広になってきている。日本車だってその例に漏れない。そうした中、全幅1650mmと5...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ新型コンパクトトールワゴンの概要が判明

11月9日に発表、発売する新型コンパクトトールワゴンの概要が判明しました。パッソ/ブーンがベースでボディサイズは全長3700mm、全幅1670mm、全高1740mm。ライバルのスズキソリオに比べると全長が10mm短く、全幅は45mm広く全高は5mm低いサイズです。 パワーユニットは1L3気筒NA&ターボを搭載。NAはFFと4WDを設定、ターボはFFのみとなります。両側スライド再生ドア...

記事を読む

NO IMAGE

もっとキューブを!

日産キューブのような車がたくさん走っていたら、日本の道はもっともっと華やかになる。 コンパクトカーは数々あれど、キューブほどユニークな車はそうない。その名の通り立方体のイメージを前面に押し出した個性的なスタイルと、それゆえの室内の広さ。 クラス最小の最小回転半径4.6mを誇る扱いやすさとともに、直4、1.5LエンジンはJC08モード燃費19.0km/Lの低燃費と軽快な走りを提供してくれ...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクトカーと軽自動車 買うならどれがいい?

パッソやムーブ以外にも100万円台前半で価格が重なっているコンパクトカーと軽自動車はいろいろある。その中でお勧めのコンパクトカーと軽自動車はこれだ! 軽自動車のボディはコンパクトカーよりも小さいが、車内の広さは逆転する。価格が140万円以下に収まるコンパクトカーの場合、大半の車種は背が低く、全高は1550mm以下だ。立体駐車場が使いやすい代わりに、後席や荷室の広い車種が少ない。 逆に軽...

記事を読む

NO IMAGE

三菱が日産の傘下に!クルマはどう変わるのか

自動車業界再編と見るべきなのか。トヨタがダイハツを完全子会社化し、スバルと提携する一方で、日産が三菱を傘下に収める。もしかすると三菱の燃費に関する不祥事は仕掛けられたものだったのかもしれない。それはともかく、両社の提携でクルマはどう変わっていくのだろうか。 日産・三菱 協業が考えられるジャンル ●軽自動車:デイズ、デイズルークス、eKワゴン、eKスペース 現在、販売中止されいる現行モデルだが...

記事を読む

NO IMAGE

新型マーチ スタイリッシュに変貌を遂げる伝説のコンパクトカー

今年末に登場予定の新型マーチはこれまでのイメージをガラリと変えて、アグレッシブなデザインとなる。ベースは昨年のジュネーブショーで公開されたスウェイで流麗なフォルムが特徴。ボディサイズは一回り大きくなるが、5ナンバーサイズはキープするという情報だ。 エンジンは1.2Lと1.5LのNAが有力だが、プラットフォームを共用するルノールーテシアの0.9Lターボや1.2Lターボが搭載される可能性もある。...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタコンパクトミニバン!1L、直3ターボ搭載

4月12日にフルモデルチェンジしたブーン/パッソだが、これまでのトヨタ&ダイハツの共同開発から、ダイハツ単独の開発、トヨタで販売されるパッソはOEM供給というスタイルに変更された。これはダイハツのトヨタ完全子会社化と密接な関係があり、今後、両社のコンパクトカーはこの形態で開発、生産、販売されることとなる。 ブーン/パッソの派生車として企画されているのがこのコンパクトユーティリティで、...

記事を読む

NO IMAGE

VWトゥーラン 新プラットフォームを採用したコンパクトミニバン

11年ぶりにVWの3列シート7人乗りミニバン「ゴルフトゥーラン」がフルモデルチェンジした。ゴルフⅦなどが採用している、MQB(モジュラートランスバースマトリックス)に基づいて新たに設計されたボディは、サイズが一回り大きくなっており、従来型に比べて室内空間が広くなった。 2列目は余裕のレッグスペースで快適そのもの。スライド位置を真ん中にした状態で3列目に移ったが、頭はスレスレでぶつからない程度...

記事を読む

NO IMAGE

新型バレーノは3月に発表、発売

スズキの新型コンパクトハッチバック車「バレーノ」は3月に発売する方向で準備を進めています。スイフトの上級に位置する5ドアハッチバックレイアウトで室内の居住空間をより広くとっているのがウリ。搭載するパワーユニットは新開発1L3気筒ダウンサイジングターボと1.2Lデュアルジェットエンジンの2種類。車両本体価格は150万円前後になる見込み。インドからの輸入モデルです。月間500台程度の規模を予定すると思...

記事を読む

NO IMAGE

イグニスの挑戦 180mmの地上高で雪道も安心 2月18日発売 価格は138万2400円から

運転しやすいコンパクトなサイズ!余裕のロードクリアランス!マイルドハイブリッドで低燃費!存在感のあるスタイリング! スズキの新しい小型車ジャンルの挑戦、コンパクトクロスオーバーモデルがデビュー!昨年の東京モーターショーで注目を集めたあのイグニスがついに発表され、2月18日に発売される。 イグニスというネーミングは欧州では初代スイフトに使われていたが、その名が復活。今回のイグニスはスズキ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ、今秋投入する新型コンパクトトールワゴンのコンセプトを販売店各社に提示

トヨタは今年に入って販売店各社に今秋投入する新型コンパクトトールワゴンの基本コンセプトを提示しました。背の高いコンパクトサイズの両側スライド開閉ドアを採用した2列シート5人乗り。 パワートレインは新開発1L3気筒直噴ダウンサイジングターボを搭載。対抗モデルはスズキソリオを想定しています。トヨタ全系列店扱いで月販目標は1万台を見込んでいます。 従来のカローラルミオン、ラクティス、bBを統...

記事を読む

NO IMAGE

16年はコンパクトクラスのダウンサイジングターボが多数登場

16年はホンダ、スズキ、トヨタの3社が秋までに相次いで1L3気筒ダウンサイジングターボ搭載モデルを発売します。ホンダは5月、次期型フリード、スズキは同じ頃インドから輸入する新型コンパクトハッチ「バレーノ」、そしてトヨタは10月頃に新型トールコンパクトワゴンに搭載します。 排気量はいずれも1L未満の900cc台でNAガソリン換算では1.5~1.6L並の出力&トルクを発揮しながら1L並の...

記事を読む

NO IMAGE

ハイブリッド激化!トヨタ、日産、ホンダに続きスズキ参入

16年からはコンパクトカーもSUVのハイブリッド化へとさらに加速。新興勢力のスズキも本格的にハイブリッド競争に参入する。 スズキ、マイルドハイブリッドはやってますが、ついに本格HV参入なんですね。もっと早く参入する予定が他が好調すぎて延期になってただけだったと思いますが。 まあ、これでまた新車販売が増えることでしょう。でも、買い換えるにしても値引きは期待できませんよね。だから、ちょっと...

記事を読む

NO IMAGE

RVRの後継モデルはコンパクトクラスにサイズダウンしネーミングを変更か

RVRの後継モデルは当初16年中盤にも発売する予定でしたが、3年程度先送りになっているようです。 新開発1.5LクラスのNAガソリン、クリーンディーゼル、PHEVのパワートレインを搭載、同クラス最高の低燃費をウリとする方向で開発を進めていますが、これまで目標とした軽量化、クオリティアップ達成に多少時間がかかっている事から、発売時期をずらすようです。 サイズダウンし、コンパクトクラスにシ...

記事を読む

NO IMAGE

JEEP 新型レネゲード 好評発売中、コンパクトSUV

レネゲードは、ジープ初のスモールSUV。フィアット500Xとプラットフォームを共有し、日本仕様は500Xと同じイタリアの工場製。バリエーションは、FF仕様のオープニング・エディション、リミテッド、4WD仕様のトレイルホークぼ3タイプ。パワートレインは、FF仕様が1.4Lターボ(140ps)と6速DCT、4WD仕様は2.4L自然吸気(175ps)と9速ATの組み合わせ。フロントマスクは丸型ヘッドラン...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ 新型イグニス プロトタイプ世界初公開

世界初公開のスズキ・イグニスは、コンパクトサイズの5ドアクロスオーバー。今年3月のジュネーブショーに参考出品されたiM-4である。早ければ年内にも販売が計画されている。ショー出品車は、標準仕様とアウトドアテイストを強調したトレイルコンセプトの2タイプ。 イグニスのボディサイズは、全長☓全幅☓全高3700☓1660☓1595mm(標準仕様)。スイフト(同3850☓1695☓1500mm)に比べ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタコンパクトカーS-FRは市販化されるのか?

トヨタコンパクトFR、「S-FR」がついに東京モーターショー会場でその姿をあらわした。そのボディサイズは全長3990☓全幅1695☓全高1320mm。ヴィッツクラスの極めてコンパクトなボディーだ。 搭載されるエンジンについては公表されていないが、パワーウェイトレシオは6kg/ps台後半から7kg/ps台で、車重は1トン程度をイメージしているという。このことからパワーは140ps程度、チューニ...

記事を読む

NO IMAGE

トレジアは一旦生産中止か?

スバルのコンパクトカー「トレジア」がどうなるか?ちなみに姉妹車であるラクティスは16年前半にも生産中止が決まっています。首都圏にあるスバル販売店筋によると「現在までメーカーからの連絡はなく、普通に継続販売しています。ただラクティスはトヨタが主に開発、トレジアはトランク部分を両社が共同開発する形を取っているので、ラクティスがモデル廃止となれば、トレジアだけを継続するということはありえません。早晩こち...

記事を読む

NO IMAGE

16年トヨタの新車攻勢の目玉はコンパクト3車種だ!

トヨタの16年における新商品ラインアップのアウトラインが浮かび上がってきました。目玉となるのは来春一新のパッソをはじめ来秋に登場する予定の新型コンパクトトール2ボックス、来冬の新型コンパクトSUVが挙げられます。 トヨタのコンパクトカー、ちょっと気になります?もしも新車に乗り換えるなら、お得に乗り換える簡単な方法ありますよ。愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認すればいいんです。...

記事を読む

NO IMAGE

新エスクード 街のコンパクトSUVに一新!

カテゴリーからして先代型と違う!?大変身した新型エスクードが10月15日に登場した。というのは4代目となる新型エスクード、実は欧州ではすでに4月から発売されている「ビターラ」。スズキの世界戦略社の1台で、これが今回、日本でエスクード名で発売されたのだ。生産するのはハンガリーのマジャールスズキ。そのため、今年2月発売されたSX-4Sクロスと同様に輸入車となる。 新型エスクード、といってもこれま...

記事を読む

NO IMAGE

これからやってくる気になる2台のSUV

C4ピカソ譲りの薄いヘッドライトを始め、「コンセプトカー?」と思わせるほど個性的なデザインをまとったC4カクタス。すでに欧州では販売中だが、日本には今秋の東京モーターショーで公開され、年内に登場予定。個性派SUVの選択肢がまた増える!! そしてついにフィアット500のSUV版、500Xがこの秋日本に上陸する!! そのデザインは、フィアット500を強くイメージさせるものの、全長は4250mm...

記事を読む

NO IMAGE

JEEPゲレネード VS マツダCX-3

価格がガチンコ勝負! ここでは、走行性能/駆動方式/安全装備を基準に対決。ただし、300万円縛りとなると、レネゲードはFFモデルのお買い得モデル「オープニングエディション」297万円がおすすめ。一方、CX-3ではXD[4WD]で281万8800円。最上級グレードを除くとすべてが選択肢に。 CX-3、よく売れてますよね。色々比較してもやっぱりいいんですよね。 それで、乗り換えを考えるなら試...

記事を読む

NO IMAGE

16年からコンパクトSUVの戦国時代が到来か?

コンパクトSUV市場は、ホンダヴェゼル、マツダCX-3を軸にシェア争いが激しいですが、16年を起点にトヨタ、日産、三菱が新型車を投入し激戦が加速しそうです。先行しているヴェゼル、CX-3も16年にはマイナーチェンジの時期を迎えるので、追加モデルの設定を含む商品ラインアップを強化して対抗。トヨタ、日産、三菱とも従来モデルの世代交代ないしは後継モデルで乗用車とのクロスオーバータイプを基本コンセプトで仕...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクトSUV(値引目標額表あり)

ちょっと普通のコンパクトカーでは面白くないな、という人に人気なのかこのカテゴリ。ホンダヴェゼルは月販5000台ペースだし、マツダCX-3は2500台ペースと人気上々。 コンパクトSUV、本当に人気ありますから買い替えを考える人も多いでしょうね~ でも、乗り換えるなら愛車を下取りに出すよりも無料一括査定サイトのカービューで愛車を 売却した方がお得だってご存じですか? ディーラー下取り価格...

記事を読む

NO IMAGE

全長4000mm未満クラスコンパクトカー(値引目標額表あり)

コンパクトカークラスは売れ筋人気車がひしめいており、また現実的に購入中心ゾーンとなるのでライバル車も含めて値引きの動向やモデルチェンジ時期の把握など、商談に向けた作戦をしっかりと立てていきたい。 コンパクトカー、売れ筋ですから現実的な所で買い替えを考えている人も多いと思います。 それで今の愛車を下取りに出すと思うんですけど、7年落ち以上ならディーラーでは査定価格が付かないって知ってました?...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクト&ジャストサイズFR50年の歴史を振り返る

コンパクト&ジャストサイズFRの歴史は、1963年デビューのホンダS500から始まった。その頃の日本車はFRが当たり前で、その駆動方式に希少性はなかったものの、本格的なスポーツカーというのは貴重な存在だった。 1965年にはトヨタがスポーツ800を発売。以降、70年代に向かって日本人はスポーツカーに夢中になっていく。TE27レビンや初代サバンナ&初代RX7などの名車が続々と登場。80年代はターボ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ注目のニューカーは今秋の東京モーターショーで世界初公開が決定!

世界最小FRいよいよ登場間近。10月の東京モーターショーで世界初公開が決定。正式デビューは来年末頃か?来年末の登場が噂される開発呼称270B、トヨタのコンパクトFRスポーツをご紹介。 コンパクトFR、楽しみですね。次に狙ってみるのもありだと思います。 ここでお得に乗り換える簡単な方法をひとつ。 愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトのカービューで価格確認! 高く売れたら浮いたお金で支...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。