「 スイフト 」一覧

NO IMAGE

スズキ新型スイフトスポーツ、新型ジムニー

新型スイフトスポーツ デビュー時期:2018年1月 現状の国産コンパクトカーの中で、軽快な走りをお手頃価格で楽しめるモデルといえばスイフトだろう。 今年1月登場の4代目はプラットフォームからエンジンまで一新され、車重は先代より約120kgの軽量化を実現。 スズキの精力的な変化が満載のスイフトだけに、それをベースとしたスイフトスポーツの登場は放っておけないところ。 その発売時期だ...

記事を読む

NO IMAGE

新型スイフトの進化!直3、1Lターボ&直4、1.2Lハイブリッド

新型スイフトここが進化した 新開発プラットフォームを採用し、軽量化と高い剛性を両立 新搭載の直3、1Lターボはバレーノ用とは異なりレギュラーガソリン対応 サスペンションやエンジンなど徹底的な軽量化によりトータル120kgの軽量化 衝突軽減ブレーキは単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式を採用 課題だった後部荷室容量は55L拡大した265L フロントシートは新...

記事を読む

NO IMAGE

スイフト(4代目)フルモデルチェンジ 新技術も満載!

スイフトが4代目へとフルモデルチェンジ。新型はプラットフォームからエンジンまで一新され、車重は先代より約120kgの軽量化を実現。すべてが新しくなった新型スイフトの走りはどうなのか? 走りの良さを武器に、世界中に多くのファンを持つのがスズキのスイフトだ。16年4月、スズキの車としては最短となる11年5ヶ月で世界累計販売500万台の偉業を達成している。 スズキを代表するコンパクトカーに成...

記事を読む

スイフト 新型プラットフォーム&3つのパワーユニットを搭載

スイフト 新型プラットフォーム&3つのパワーユニットを搭載

欧州仕込みのRSグレードをカタログモデル化 83年に登場したカルタスの流れを汲み、2000年に誕生したスイフト。その三代目となる先代モデルのフルモデルチェンジから6年。4代目となる新型スイフトはついにデビューした。 先代モデルが質の高い走りとスタイルで好評だっただけに注目される新型スイフト。そのデザインは、縦長のヘッドライトやブラックに塗られたAピラーなどのデザインアイデンティ...

記事を読む

NO IMAGE

新型スイフト発進!12月27日発表、1月4日発売

燃費問題の不祥事により遅れていた新型車がいよいよ登場! 例の燃費不祥事から発表が遅れていたスズキの看板車種2車のうちの1車種、スイフトが16年末の12月27日にフルモデルチェンジを行う。 本来であれば、秋に発表、年内に市販される予定だったが、実質的に2~3ヶ月遅れての登場となる。 残るもう一車種、ワゴンRも3月までには登場するはずだが、このところ登録車に力を入れているスズキの屋台骨と...

記事を読む

NO IMAGE

中古スポーツ車情報!スズキスイフトスポーツの相場

中古車相場:65万~220万円、現行型価格帯:172万8000~179万8200円 デビュー時スペック 2011年11月発表 全長3890×全幅1695×全高1510mm エンジン:直4、1586cc エンジン発生出力:136ps/16.3kgm 価格帯:168万~174万8250円 若者に人気のスイスポ 来年フルモデルチェンジの噂があるスズキのスイフト...

記事を読む

NO IMAGE

ソリオフルハイブリッド車、次期型スイフト&ワゴンRは11~12月に発売決定

スズキは燃費測定法の不正発覚で発売が延び延びになっていた、ソリオフルハイブリッド車、次期型スイフト、次期型ワゴンRの発表、発売を年内の11~12月に実施する方針です。 ソリオフルハイブリッド車は11月29日の発表、発売に決めたようです。当初の計画から1年近く先送りされたことになります。 同車のパワートレーンは1.2Lエンジンに1モーター1クラッチ&AGSを組み合わせた新開発システムで、...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ スイフトスポーツ来春発表か?

スイフトは本来この秋にもフルモデルチェンジが予定されていたが、燃費計測不正問題で遅れ、年末から来年あたりに延ばされた。 ベースモデルとRSは同時に登場し、スイフトスポーツは半年ほど遅れる予定だった。しかし同時に登場する可能性も出てきた。スイフトはエンジンも多彩で1Lターボや1.2L NAなど、各種設定される。 国土交通省の調査の結果、スズキの燃費の計測方法に誤りがあったものの、数値自体...

記事を読む

NO IMAGE

スズキが年内予定していたニューモデル3車種は来年に先送り?

スズキが年内デビューを予定していたソリオストロングハイブリッド、スイフト、ワゴンRの各新型車は、導入時期を一部来年に先送りする方向で検討している模様です。 どの車種が遅れるのか明らかになっていませんが、これまでのスケジュールはソリオストロングハイブリッドが8月、スイフトが9月か10月頃、ワゴンRが年末を発売の目処としていました。 そのことから、ソリオストロングハイブリッドとスイフトの2...

記事を読む

NO IMAGE

スズキスイフトスポーツとスイフトRSの比較

スイフトスポーツのエンジンは1.6Lで最高出力は136ps。CVTのほかに6速MTを用意し、ショックアブソーバーはテネコ製になる。 対するスイフトRSは、特別仕様車の位置づけでエンジンは1.2Lで最高出力は91psにとどまり、CVTと5速MTを用意する。ショックアブソーバーは欧州仕様と同じ設定で、減衰力はベース車のXGよりも少し高い。 動力性能なら当然スポーツが上回るが、運転する楽しさ...

記事を読む

NO IMAGE

新型スズキスイフト 2016年10月発表

ベースグレード、RS、スポーツと三車三様の個性と性能が揃う 「スズキの走りを変えた」と驚かれるのが04年登場の先代モデル。10年にデビューした現行モデルもその正常進化型として変わらぬ高評価を獲得し、欧州テイストの走りが楽しめるコンパクトカーとして確固たる地位を獲得した。 そのスイフトのフルモデルチェンジがこの秋にも行われる。まずはベースモデルとRSが登場し、来年春にスイフトスポーツが発...

記事を読む

NO IMAGE

次期スイフトスポーツの心臓は話題のターボか、痛快なNAか?

スズキの小型車の主力モデルであるスイフト。その高性能スポーツモデルとなるスイフトスポーツの次期型の姿は? 初代スイフトスポーツが誕生したのは03年。05年登場の2代目と11年登場の現行モデルの3代目がキープコンセプトのモデルチェンジだっただけに、次期型はどうなるのか? 基本フォルムやブラックアウトしたA&Bピラーなど、2代目から続くスイフトのアイデンティティを継承。その上で、次...

記事を読む

NO IMAGE

スズキの16年は新型4車種でさらなる4輪車の商品ラインナップを強化

スズキは16年の四輪新型車両投入について4車種とこれまでの最多台数を計画しているようです。年初にイグニス、中盤にインドから輸入する新型セダン、バレーノ、夏から秋にかけてはスイフトとワゴンRの世代交代を予定しています。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< イグニスとバレーノは先に開催した先日の東京モーターショー2015に参考出品...

記事を読む

NO IMAGE

9月15日開幕のフランクフルトショーで新型スイフト公開

●時期スイスポ1.4LダウンサイジングターボはゴルフGTIキラー スズキはフランクフルトモーターショーでバレーノ(Baleno)を発表する。今年のジュネーブショーや上海ショーに出展したiKー2の市販モデルとされ、日本ではスイフトになるモデルだ。ちなみにバレーノ(Baleno)はイタリア語で閃光を意味し、97年から02年まで欧州に投入された日本のカンタスクレセントにあたるモデルが、この名前で販...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。