「 ステップワゴン 」一覧

NO IMAGE

ホンダ 今後のシビック、オデッセイ、ステップワゴン

新型シビックシリーズはこの先苦戦かも ホンダが7月27日に発表、9月29日に発売する新型シビックシリーズ(4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR)は販売で苦戦の可能性が指摘されています。 販売店向けに策定した資料には月販間計画が1500台と提示されています。 しかし、首都圏の有力販売店筋によると「立ち上がり時だとこの程度は新型車効果で達成できるだろうが、半年もすれば1000台を割...

記事を読む

NO IMAGE

N-BOX、ステップワゴンスパーダHV 最新情報

次期型N-BOXは発売直後に納期が来年にずれ込む? ホンダが8月に発売する次期型N-BOXは発売直後の納期が早くも来年にずれ込む見通しとなっています。 ホンダは最近、ホンダカーズ店の営業担当者を集め、商品説明会を実施し、あわせてタブレットによる商品内容の情報発信を行い、実質的なティザーキャンペーンを実施しています。 そして、販売店向けには「新開発のプラットフォームによる室内の居住空間...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-BOX、ステップワゴンHV、S2000で巻き返し!

売れ筋モデルの新型からリアルスポーツまで。NSX登場でスポーツ路線回帰が見られるホンダだが、新型N-BOXの投入など売れ筋モデルにも力を入れる。 好調な販売を見せるフリードの一方で、苦戦を続けているステップワゴンだが、2017年のマイナーチェンジでついにハイブリッド投入。一気に巻き返しを図る。 17年にはもうひとつ大きな動きがある。人気ナンバーワン軽自動車、N-BOXのフルモデルチェン...

記事を読む

NO IMAGE

セレナvsノアvsステップワゴン対決!NEWセレナはライバルをリードしたか?

話題のプロパイロットをひっさげ、新型セレナが華々しくデビュー!永遠のライバルたるノア/ヴォクシー/エスクァイア、ステップワゴンとの戦いはどうなるか? ドライブフィールはどうなんだ? セレナ 乗用域でのドライバビリティはステップワゴンには及ばないもののまずまず。アクセルを深く踏んだ際の動力性能もこのクラスのミニバンとしては平均的だが、回転数が高まってもエンジン音は不快ではないレベルに改善された...

記事を読む

NO IMAGE

セレナと、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、とステップワゴンの比較

人気ミニバン三つ巴対決、選択の決め手は? セレナとライバル2車(ヴォクシー3姉妹車とステップワゴン)の大きな違いは床の高さだ。ライバル2車は底床設計だが、セレナは従来型と同じで床が約70mm高い。 ドアの開口部に小さなサイドステップが備わるが乗降性劣る。床が高いと高重心になるから、走行安定性などにも悪影響を与えそうだ。 居住性では、セレナが新型で3列目を改善した。床と座面の間隔を...

記事を読む

ステップワゴンはナビのサービスキャンペーンを実施

ステップワゴンはナビのサービスキャンペーンを実施

ホンダはステップワゴンに11.7万円強の純正ナビを装着するサービスキャンペーンを全国規模でスタートさせました。期間を設けず、同ナビの在庫がなくなるまで継続する予定です。 15年4月にフルモデルチェンジした現行シリーズは今一歩販売が伸びず苦戦状態にあるのと、ライバルのヴォクシー/ノアとセレナが同様のサービスキャンペーンを展開しているので、これに対抗させる狙いがあります。 来年中盤にはマイ...

記事を読む

NO IMAGE

ステップワゴンハイブリッドは1.5Lで追加投入

昨年4月にフルモデルチェンジした主軸モデルのステップワゴンが苦戦を強いられています。新開発1.5Lダウンサイジングターボによる低燃費&高性能の両立、リアドアからの乗降を考えたわくわくゲートを採用した使い勝手の向上などが売りでした。 ところが販売は思ったように伸びず、15年1年間の登録実績ではヴォクシー、セレナ、ノアに次いで4番手にとどまっています。本来であればモデルが古く、需要一巡状...

記事を読む

NO IMAGE

セレナがステップワゴンを抜き返した!

9月の登録車の販売実績で注目したいのはセレナがステップワゴンを抜き返したことです。9月の登録台数はセレナが6133台に対して、ステップワゴンは5732台で401台差。ステップワゴンは今年4月下旬にフルモデルチェンジし、新開発の1.5Lダウンサイジングターボとわくわくゲートなどがウリ。セレナは来年中盤にもフルモデルチェンジする末期モデルですので、当然新型ステップワゴンに引き離されました。ところがわず...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ、 ダウンサイジングターボかハイブリッドの進化か。主軸モデルの優先採用で岐路に

ダウンサイジングターボかハイブリッドを進化させるか?ホンダが主軸モデルに搭載するパワートレーンで岐路に立たされそうな雲ゆきになっています。同社は今年5月、新型ステップワゴンとジェイドの両ミニバンに1.5Lダウンサイジングターボを搭載し発売しています。これは従来の2LNAガソリンエンジンのダウンサイジングバージョンです。主力のステップワゴンは本来であればHVも設定し、両シリーズで同クラストップの販売...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダステップワゴン/ステップワゴンスパーダ「車椅子仕様」

ホンダは、続編1.5L、VTECターボエンジンによる力強い走りや広々とした室内空間や、3列目シートを左右に分割できる、マジックシート、などの特徴を生かして、発売中のサイドリフトアップシート車や、助手席リフトアップシート車に加え、あなたに車椅子の方にも開放感のある移動空間を実現した、ステップワゴン、ステップワゴンスパーダ、の車いす仕様車を、7月30日に発売した。 ステップワゴン車いす仕様車Gに...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。