「 セダン 」一覧

トヨタカローラ、カムリの動向

トヨタカローラ、カムリの動向

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 10月11日、カローラがマイナーチェンジして上級シフト トヨタはカローラシリーズを10月11日にマイナーチェンジし、装備を充実させて上級シフトします。 Gタイプなどの上級グレードは、LEDヘッドランプ、クルーズコントロール、プッシュスタートボタンなどを標準装備し、これまでオプションで設定していた装備を標準化するグ...

記事を読む

NO IMAGE

スバル アイサイトキャンペーンとレガシーマイナーチェンジ

8月31日まで「アイサイト搭載車10万円購入資金アシストキャンペーン」を実施 スバルは8月31日まで「アイサイト搭載車10万円購入資金アシストキャンペーン」を実施しています。 これは、毎週抽選でスバルのアイサイト搭載の新車購入クーポン10万円を全国合計500名にプレゼントするというものです。 なおアイサイト搭載車は、レヴォーグをはじめWRX S4、レガシィ(B4&アウトバック...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ、2020年頃までにセダンブランド再編へ

トヨタは2020年頃までにトヨタブランドのセダンを再編する方向で検討を開始している模様です。 これまでコンパクトクラスはカローラ、ミディアムはプレミオ/アリオン、アッパーミディアムはマークX、カムリ、SAI、ラグジュアリーはクラウンと言ったラインアップでしたが、これを次世代モデルではカローラとプレミオ/アリオンの基本ボディーを統合します。 一つのボディパネルで2~3車種の姉妹車構成に変...

記事を読む

NO IMAGE

シビックタイプR 次はセダンで18年に!

今年2月、ホンダの八郷社長は、2年以内のシビックセダンの国内復活を明らかにした。そのセダンに新しい動きがある。 シビックセダンは昨年11月、北米で市販され、9月29日から開かれるパリサロンでヨーロッパでも初公開されるグローバルモデル。 それを日本にも導入するということだが、日本仕様で一番力が入れられているのが、どうやらタイプRということのようだ。 すでにニュルブルクリンクでの高速...

記事を読む

NO IMAGE

新型シビックタイプRは4ドアセダンで登場!

750台の限定販売となった現在のシビックタイプRはwebでの申し込み→抽選により販売されたが、実に12倍という倍率の大人気。欲しいのに買うことができなかったという人があまりにもたくさんいて、ホンダとしても嬉しくもあり、また、欲しいのに手に入れられない客さんに対し申し訳ない気持ちになっている。そんなシビックタイプRについては、早くも次期型の情報が次々と入っている。 現在のシビックタイプRは12...

記事を読む

NO IMAGE

6月13日にプレミオ/アリオンがマイナーチェンジ

トヨタは6月13日にプレミオ/アリオンをマイナーチェンジします。内外装のデザイン変更、エコカー減税対応、安心パッケージ「トヨタセーフティセンスC」の標準装備車設定などが主な内容です。 エンジンラインナップはFFが1.5Lと1.8L、4WDが1.8Lで、FFに設定している2Lは売れ行き不振のため廃止となります。フロントマスクはバンパーまで切り込んだ大型グリルとヘッドランプのデザイン変更、ボディ...

記事を読む

NO IMAGE

新型A4 比較

欧州Dセグメントのミドルセダンは今まさに群雄割拠。そこへ新型A4がデビューした。果たして覇者はどの車? エンジニアリング的にみた新型A4の最大の特徴は、VWグループ内のモジュラー戦略にのっとってエンジン縦置きタイプのFFシャシーをアウディ主導で開発、刷新したことが挙げられる。中~大型車種への拡張性を高めながら材料置換も進め、軽量化などの次世代的な要件も満たしたこのシャシーはMLBエボと呼ばれ...

記事を読む

NO IMAGE

マークXのFF化がついに正式決定!次期カムリも加え、トヨタのセダンが大きく変わる!

トヨタミドルサイズセダン戦略大幅見直し アウディ、BMW、ベンツを直撃!マークXスポーツFFへ。カムリは燃費優先。どちらも大胆にスポーティ! トヨタが推進するまったく新しいクルマづくりの骨格TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)。このプラットフォームを使ってマークXがFRからFFへの劇的な転身を図る。次期マークXは当初の計画通りFRをやめFFになる。TNGAを使ったクーペ風の新...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。